Q太郎花月~待たせたね、女子達。

昨日ルミネtheよしもとで行われたハイキングウォーキング・鈴木Q太郎さんの
ワンマンライブ「Q太郎花月~待たせたね、女子達。」に行ってきました。

多分(?)今のコンビを組んでから、ソロでライブをやるのは初めてのような・・・?

いつもはネタのほぼ全てを相方の松田さんが作っているそうなので
今回はどのような感じになるのか、とても楽しみにしておりました。

会場に着き、まずはトイレに・・・と向かうと、女子トイレが全面使用禁止で
個室の少ない男子トイレが女子用に。

開演5分前になっても順番待ちで長蛇の列。

少し前に並んでいたお二人連れがぼそっと
「ほんと、タイトル通り待たせてくれるよね。」

妙にウケました(笑)
(休憩時間には元通りになってました。)

なんとか開演前に着席。

今回はセンター寄りの最前列だったので、足元までよぉ~く見えました♪


オープニングは「亜麻色の髪の乙女」(byヴィレッジ・シンガーズ)が流れる中
白いタキシード姿で登場。

何かにつけて今日は来ない「松田さん」を連呼してました。

小さいお子さん連れを見つけては、そのお子さんに向かって
「卑弥呼さまぁ~!」も。

「小さいお子さんもいますが・・・全体的に下品です!」
の、ことわりアリでスタートしました。


ライブは一人コントとQ太郎一座(Q太郎+若手芸人さん男性4人女性2人)
によるお芝居の2部構成。

前半のコントでは、コント毎に「3年B組金八先生」第4シリーズ主題歌の
「スタートライン」(by海援隊)が流れ、両サイドのスクリーンに打ち合わせでの
ネタ決定に至る模様が映されました。

フリルたっぷりの白いワンピースや、牧師風、70年代フォークシンガー風
果てはセクシー女性下着などを身に着けた、色んなQ太郎さんを見ることができて
面白かったです。
(確かに「女子好き」キャラ+上品ではない仕上がりになっておりました。)

個人的には白いワンピース姿に白ソックス、白いハイヒールで舞台を行きつ
戻りつしている時のヒールの危うさ(一歩ごとにヒールがグラついていたように
見えました。)と、微妙にゴム部分の裏側が見えているソックスに目が・・・(^_^;)


後半のお芝居は「余命1ヶ月で忍者になっちゃう花嫁」(タイトル正確ではないかも・・・)

Q太郎さん演じる「太郎」と、付き合い始めた頃に「忍者になっちゃう」病に冒された
「彼女」とのラブストーリー(?)のハズが、キスシーンの直前で一座の一人が
薬物依存であることが発覚し・・・で、話は意外な展開に。

伏線があったり、前半のコントが反映されていたりで、こちらも面白かったです。

最後は出演者皆さんのご挨拶の後、スクリーンに松田さんが登場。
(Q太郎さんはご存知なかったようです。)

白いガウン姿が新鮮でした(笑)

ここでもまた小さいお子さん連れに
「いつ帰っちゃうかと思いました。」「まだ小さいから・・・覚えてないよね。」
「トラウマ(!?)にならないよね。」
と言いながら、お子さんに向かって「卑弥呼さまぁ~!」

「『ヒミコ』のおじちゃん」を印象付けようとされていました(^_^;)


終演後はロビーにてその場でDVD「根斗百烈拳」を購入した人に
DVDへのサイン&握手会がありました。

「DVD持ってるけど、サイン入りもいいな・・・。」の誘惑に負けそうになりつつ
そこは大人の分別(?)を優先して帰ることに。
(「サイン本持ってるでしょ。」と自らに言い聞かせ。)

帰りの電車内で娘に帰るメールをしつつ
(きっとまた周囲の賛同は得られないだろうけれど)
真面目な顔したQ太郎さんは「カッコ良い♪」と思ったのでありました。


*全く興味のない方には、長々と失礼いたしました。
  最後までお付き合い下さいましてありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-30 16:37 | お笑い
<< 結末を変える 色 >>