ポジティブとネガティブ

先日ミカエルさんのお茶会で伺ったお話をひとつ。

大抵の人は

ポジティブ=積極的・前向き(=良いこと)
ネガティブ=消極的・後ろ向き(=悪いこと)

のようにとらえていますけれども、ミカエルさん曰く

ポジティブ=選択肢が広い
ネガティブ=選択肢がない

だそうです。

「絶対に○○しなければ!」と突き進む様は一見とてもポジティブのようですけれども
実は他の選択肢を受け入れていない(考えられない)ので、ネガティブなのだそうです。

これは例えば車に乗っていて「家に帰るには、絶対この道をまっすぐ行くしかない。」
と考えて運転しているのと同じようなものです。

もし行く先で事故(トラブル)が発生し、「この先通行止め」になっていたらどうでしょうか。
大抵の人はUターンして、少々遠回りになっても別の道を走行して家に帰るでしょう。

「この道が通行止めなんて・・・。もう二度と家には帰れないんだ!」と嘆き悲しむ人や
「絶対この道でなければダメなんだ!」と、通行再開まで何時間でも待ち続ける人は
もしいたとしても、ごくごく少数のような気がいたします(^_^;)

「家に帰る」(目的を達成する)為の「道」(手段)は、なにも「この道」だけではないのです。
「あっちの道」でも「そっちの道」でもいいわけです。

いつに間にか「この道をまっすぐ行く」ことが(手段)から(目的)に変わってしまっている
ので、他に選択肢がないように思い込んでしまうのかもしれません。


目的を達成する為の手段は無限にある


そう思えることがポジティブなのかもしれませんね。

そして、目的と手段を混同しないことが肝要なのかもしれません。



*12月19日(土)のプロデュースイベントは、あと1枠となりました。
  詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-12-11 12:51 | エネルギー
<< 何の意味もない 楽しみなクリスマスプレゼント >>