背骨のキモチ

新年最初の野口整体WS。
今回のテーマは、ずばり「背骨」。

ペアを組んで胸椎1~12番、そして腰椎1~5番と仙骨や尾骨の位置確認と
状態観察を行いました。

触れて解り易いのもあれば、「あれっ、どこ?」と分かり難いのも。
それぞれが臓器などの身体面と感情面の表れであり、触れているうちに
だんだんそれが伝わってくるように感じました。
その声を聴きながら愉気をしたりちょっと揺らしていると、背骨が本来の勢いを
取り戻し、喜んでいるように感じられました。
そうするとこちらも嬉しくなって、つい「そうそうヽ(*⌒∇⌒*)ノ」なんて思ったりして。

状態を観察しながら「ここは○○のようですけれども、いかがですか?」などと
確認しながら進めていくことで、触れられているほうは「そういえば・・・。」と
今まで気づかなかった(忘れていた)感情や身体の使い方を自覚することが
できるのですけれども、つい背骨との対話に集中して無口になってしまい・・・。
気づけばご本人はすっかりお休みになっていました。
次からは気をつけます。はい(^_^;)

自分の背骨を観ていただいた時には「食べ過ぎによる胃の疲れ」を
ずばり指摘されビックリ!
対応している箇所が左側に偏っていたらしいです。
観てくださった方は「大食堂」のようなイメージが湧いたたそうです。
「普段そんなに食べないのに、お正月だからっていい気になってさぁ・・・。」
なんて背骨の声が聴こえてきそうです・・・。
愉気をしていただいて、とってもいい気持ちでした。
胃の状態も良くなったような気がいたします♪

その他「ハートを使う(ハートからのコミュニケーション)」と「サイキック・霊的感覚」
に対応する箇所が「しっかりしている(機能している)。」と言われたのが
実は密かに嬉しかったです(^_^)
(昨年末のテーマだった「開く」に、一歩近づけたかしら・・・。)

そして平野さんがWSの最後のほうで仰った
「悪いところ探しのような気持ちで触れるのではなく、背骨(身体)を通して
心に触れるという想いで行うのが大切です。そして『ここは○○の部分だから・・・』と
先に頭で判断するのではなく、伝わってくるものを感じた後で確認程度に参照する
ほうが良いと思います。」
との言葉に深く頷いたのでありました。



*1月22日(金)のプロデュースイベントの詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-01-10 23:12 | エネルギー
<< 横浜でセッションを行います 初詣 >>