丹田

日頃から左半身にエネルギーの滞りを感じやすく、その都度自分で抜いておりました。
そうすることで身体が軽くなって、体調も良くなるように感じていたのですけれども
先日お会いした方のお話によると

「エネルギーを抜き過ぎると、その(エネルギーが少ない)軽い状態に慣れてしまい
かえって疲れやすくなったり影響を受けやすくなります。
抜くよりもその分を丹田に回して一旦落としておく方が身体の状態がよくなり
過剰分は自然に抜けていきます。」

とのこと。

帰宅後早速左半身に滞っていたエネルギーを丹田に集中させてみると、確かに。
「腹が据わる」と言いますけれども、心身共に安定感が出できます。
滞っている時のなんともいえない感覚もなくなったよう。

そういえばずっと前に読んだ本に「丹田はエネルギーの貯蔵庫」と
書いてあったような・・・。

厳密にいえばエネルギーはお金のように長期間貯めておくことはできないの
ですけれども、一旦ひとつのところ(丹田)に集中させることで、より有効に
使うことができるような気がいたしました。

よろしかったらお試しを♪


*1月22日のプロデュースイベントは、あと1枠になりました。
  詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-01-14 14:11 | エネルギー
<< アトリエCHARMでのセッショ... 横浜でのセッションは予約枠を終... >>