名は体を表す?

誰かがあなたのことを
ある名前で呼ぶだろう

好きなように呼ばせておきなさい

それは確かにあなたの

ある一面に付けられた名前であると同時に
ある一面に付けられた名前に過ぎないのだから

あなたは誰かのことを
ある名前で呼ぶだろう

好きなように呼びなさい

それは確かに誰かの
ある一面に付けた名前であると同時に
ある一面に付けた名前に過ぎないのだから



時折人づてに私のことを聞いて

ヒーラー
チャネラー

はたまた

高次の存在と繋がっている人

などと思われる方がいらっしゃるようで、実際お会いした時に
「ヒーラー(チャネラー)さんなんですってね。」
と言われると、自分ではそのように認識おらず
もちろんそのように名乗ったこともないので、困惑のあまり
「はぁ・・・。そうなんでしょうか・・・?」
と、なんとも歯切れの悪い返答をしてしまうこともしばしば(^_^;)

そんな時に受け取ったメッセージです。

私の中では

ヒーラー=なんらかの手法を用いて治療的な癒しを行う人
       (いつもお世話になっているT先生)

チャネラー=主に地球以外の星の生命体と交信して情報を得る人

のイメージがありまして。

結果自分には当てはまらないだろうと。

「じゃぁ、あなたは?」と尋ねられると、それはそれで返答に困り・・・(^_^;)
タロットを使ってリーディングをすることもあるから、タロットリーダーかしら・・・?

そういえば名刺を作る時に、当初「氏名だけ」にしようとしたら夫に
「それでは何をやっている人か分からない。」と指摘され
とりあえずいくつかの「出来ること」を載せることで納得してもらったことが
ありましたっけ。

ネットで「スピリチュアル用語」で検索し、いくつかのHPをみましたけれども
少なくとも「リーディング・チャネリング・霊能者」あたりの表現には重複する
部分があるようです。

例えば

「リーディングとはエネルギーやオーラなどから情報を読み取ること」で。

それに「スピリチュアル」の文字がついた「スピリチュアルリーディング」になると

「スピリチュアルリーディングとは霊的存在、魂やハイヤーセルフなどと繋がり
霊的な情報を読み取ること。霊的能力者がスピリチュアルメッセージを受け取り
伝える能力者を霊能力者またチャネラーと言い、霊視、霊感、霊視リーディングともいう」

になりまして。
また

「チャネリングとは宇宙意識、神、魂、死者、宇宙人などから情報を受信する能力のこと」

「日常的な意識とは別の、ハイヤーセルフ、スピリットガイドとつながり、多次元の意識や
天使、宇宙意識にアクセスし、情報を観るまた受け取るというもの」

という説明も。

おまけに

「ヒーラーとは他者に生命的エネルギーを与えたり、またネガティブ、心、悩みや病気など
癒したりするヒーリング能力者のこと」

「波動ヒーリング、宇宙エネルギー的ヒーリング、気功ヒーリング、スピリチュアル
ヒーリング(霊的ヒーリング)など何らかのエネルギー。気や生命エネルギー、
光エネルギー、宇宙的、霊的エネルギーなどを与える能力者のことを指す」

だそうで。(スピリチュアル 精神世界用語解説集 より引用)

そう考えると、やっていることとしては

リーディングと言われればリーディングだし
スピリチュアルリーディングと言われればスピリチュアルリーディングだし
チャネリング(チャネラー)と言われればチャネリング(チャネラー)だし。
ヒーリング(ヒーラー)と言われれば、それもまたアリかと。

で、肝心なのは、それらのツールを用いて何をしたいのかであって。

なので、これからはそこはあまりこだわらなくても良いような気がしてきました。

自分も人やモノのある一面を見て
「自分の辞書」を引いて「名前」を付けているのですから・・・ね。

まぁ自分で自分に名前をつけるとするならば
「聖霊の使い走り」あたりかと・・・(^_^;)

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>


*3月26日(金)・プロデュースイベントのお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-05 12:31 | メッセージ
<< コメントをいただきまして・・・ 楽しい雛祭り♪ >>