29から53へ・続き

GWも終わり、今日から通常営業(?)。

その間行ったお笑いライブ5本について書きたいのは山々ですけれども
今日はこちらを。

先日みた夢の続きです。


今回は53階の会議室前についたところから始まりました。

慌てて中に入ると、スーツを着た30代~70(もっと?)代の男女が数十人で
楕円形の円卓を囲んでいます。
空いている席を見つけ着席。

なにやら業務報告らしきものが行われている模様です。

円卓を挟んで向かいに座っている女性(30後半~40前半くらいの
キャリアウーマンタイプ。)の番です。

彼女は書類を手に立ち上がり、話し始めました。

・・・。私達は時に、あがってきた企画を却下することがあります。
これは企画そのものがダメだということではありません。
『(そこに乗せた想いは)本当にそれで良いのか。』との真意を問う為です。
ですから、そこで決してハードルを下げないで欲しいのです。

実現化を早める為の妥協や企画そのものの断念ではなく
『何を意図するのか』
この純度を上げること。

そこにエネルギーを使って欲しいのです。



ここで目が覚めました。


『純度』というのは、私のガイドさんが良く使う言葉です。

想いの純度を上げるように。

きっとこれを伝えたかったのでしょう。

前回の夢から結構日にちが経っていますけれども、その間進展が見られなかったので
業を煮やした(!?)のかもしれません・・・(^_^;)

まだまだ不純物が多いようですヾ(_ _。)



*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-06 17:44 |
<< ムネリンピック 虚と実 >>