私と犬

JIMBOCHOトーク「私と犬」@神保町花月

4月30日に行きました。
「ムネリンピック」のすぐ後だったので、引き続きのお客さんが多かったように感じます。
(表現など正確ではない部分もあるかと思います。ニュアンスはこんな感じ。)

今回のテーマは「私と犬」。

台に乗ったぬいぐるみ&お腰につけた手の平サイズストラップの2匹のワンちゃんと共に家城さん登場。
「本物(の犬)はダメらしいです。」と、代わりにスタッフさんが用意してくれたそうで。
「あぁ、愛情は恐ろしい・・・。断れない・・・。」とポツリ。


「犬も夢を見て笑う。」(その様子を目撃したそうです。)から始まり、実家で飼った3匹の犬、順にメメ(多分・・・)、ララ、ロンとの思い出話が中心でした。


今は一人暮らしで生活時間が滅茶苦茶(本人弁)なので難しいそうですけれども
本当はラブラドールを3匹飼いたいそうです。

「1匹では可哀相。2匹だと喧嘩する。3匹から『社会』が出来るので。」


犬を飼いたいのには「生活をシンプルにしたいから。」という理由もあるようで。

「今の状態は選択肢が多過ぎて、何が正解なのか分からない。犬を飼えば
『犬がいるから。』という理由でその分(選択肢が減り)シンプルになる。」

確かに「何をやってもいい。」と言われると、「やったぁ~!!」と手放しで喜ぶ人よりも
自分も含め「そう言われても・・・。じゃぁ何をしたらいいのだろう。」
と、困ってしまう人のほうが多いかもしれません。
「自由」という名の「不自由」なのでしょうか。
むしろある程度の制約の中での「自由」のほうが、安心なのかもしれません。


「でも、そんな理由で犬を飼ってもいいのだろうかと思う。」

「こうやってイロイロ考えているうちに思考がグルグルして動けなくなる。
むしろ大いなるものに『これは右』『これは左』『これは悩んでよし』と、決めてもらいたい。」

この気持ち、よく解ります(^_^;)
時々そんな風に思うこともあって。
かといって、いざ「これは○○」と言われ、「はい、仰せのままに。」と素直に言えない時もあったりして。
ここは難しい(?)ところです。


で、家城さんは
「だから犬になりたいと思う。」

犬は集団の中で1番強いもの(リーダー)に絶対服従だからなのかな・・・。


そして
「結婚して奥さんや子供がいたら、それを守る為に頑張れる。」

人は「自分の為」よりも「自分の大切な者を守る為」のほうが頑張れるのかもしれません。
「守らねばならない」よりも、むしろ「守りたい」なのでしょう。
そんな気がいたしました。


来月のテーマは「私とオカマ」。

一時期「オカマのやしこ」としてテレビに出ていたことがあったそうです。
ご本人曰く「ボクはオカマじゃない。女性の服が好きなだけ。」だそうで。

・オカマは何故ずるいのか
・タイのオカマ事情

などなど。こちらも面白そうです。

が、残念なことに他の予定が・・・(>_<)


どなたか行ってみませんかぁ~^(,_,*)(*,_,)^


*相変わらずの、とりとめのない話に最後までお付き合い下さいまして
 ありがとうございました<(_ _)>



*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-07 23:51 | お笑い
<< 参入 ムネリンピック >>