2008年 12月 22日 ( 1 )

なだぎ武サン似の・・・

昨日のブログは、(アレでも)頭をめいっぱい使って書いたのですけれど、読み返してみると
自分でも(?_?)な箇所がいくつか・・・。
上手に説明できるようになったら、改めて書いてみようと思います。


では今朝見た夢のお話を。
目が覚める直前にみた夢です。


青いチェックのシャツとジーンズを身に着けた男性が、だんだん近づいてきます。
年の頃は30後半~40前後。(自分と同年代といったところです。)
「久しぶりやな。(^^)」
彼は私に笑いかけます。
私は彼の顔を見るなり嬉しさで胸がいっぱいになり、思いっきり彼に抱きつきました。
ちょうど私の頭が彼の胸あたりにきて、すっぽりと包まれるような感じです。
彼にぎゅっとされると、とっても安心でいい気持ち。
ずっとこのままでいたいと思うくらいです。
彼は親兄弟とも、夫・恋人とも違う、最も近くて何も言わなくても全て分かってくれている
そんな存在です。

「笑いが足りてへんな。後で笑かしに行ったる。」と言う彼に
私は抱きついたまま顔をあげて「いつ?」と尋ねます。
「西中の2年2組やったな。5時間目やな。」
(何故か中学生扱い。ちなみに通っていた中学は西中でも2年2組でもありませんでした。)

と、ここで目が覚めました。
そう、その彼がなだぎ武サン似なのでした。
あっ、ディランや「ややこしや~。」の人に扮する前のなだぎサンですよ(^_^;)


笑う門には福来る。


最近あまり笑っていなかったのかしら・・・?
頭がかたくなっていたのかも・・・とわが身を省みた朝でした。


  
  
  
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2008-12-22 00:19 |