2009年 05月 24日 ( 1 )

乙女たちの熱き闘い

先日娘が通う学校の体育祭がありました。

外部施設をお借りして行われる為、スペースの都合上保護者の見学は
各家庭1名のみ。
当日は事前に配布された入場券を持参。
保護者が前列の席を求めて早くから並ぶことを避けるべく、座席はくじ引きで
決定するという念の入れよう。
(学校側も対応に苦慮しているようです。)

さて、当の娘は・・・というと、出場競技は

玉入れ ( ・0・)ノ° ゜.Y。°。ヽ(・・ ) と、ムカデ競争。


玉入れは3年連続出場です。

まさか中学校の競技に玉入れがあるとは思いもしませんでした。
玉入れといえば、幼稚園生や小学校低学年生がするかわいらしいイメージが
強いもので・・・。

ところがところが、中学生のみならず、高校生の競技にもなっているのです。

後先考えず、とりあえず玉を拾っては投げていた幼き頃とは違って
「いかにしてたくさんの玉をカゴに入れるか。」
を重要視している(あたり前か)彼女達は、玉が空中でぶつかり合って
はじかれることを避けるべく、投げるタイミングを周囲と微妙にずらすなど
頭脳プレイもバッチリ( ̄▽ ̄)b

接戦の末、中学生は中3と中1が48個で同位。
高校生は高2が63個も入れて堂々1位でした。

その他リレーや障害物競走、長縄飛びなど乙女たちの熱き闘いは続き
中学の部では中3が、高校の部では高2と高3が同点1位という結果になりました。

中高一緒に行うので、中1の初々しさと高3の「有終の美を飾ろう!」との
意気込みの両方を感じた1日でした。


みんなよく頑張りました♪


*今月の予定はこちらです。

*来月(6月)の予定はこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-05-24 22:31 | 日常