2009年 10月 18日 ( 1 )

その場に降りてくるもの・創るもの

昨日はやすらぎの部屋をお借りして、午前中はプロデュースイベントの個人セッション
午後は交換セッションを行いました。

久しぶりのプロデュースイベントということもあって、楽しみな反面緊張も
していたのですけれども、お越し下さった美保さんの強くて温かいエネルギーに
包まれながら、貴重な時間を共有させていただきました。
美保さん、ありがとうございました<(_ _)>

美保さんがブログでセッションのことを書いて下さいました。

それを読ませていただいて改めて感じたのは

その場を創るのは共同作業であり、どちらか一方がなしえることではない

ということです。

そこでの会話やメッセージも、一方的に伝達されるものではなく、
その場を創っているもの全て(見えない存在も含めて)へのものだと感じました。

それは何もセッションの場に限ったことではなく、職場や家庭などあらゆる場所が
そうであり、そこでの何気ない会話ひとつとってもいえることなのかもしれません。

それは例えその場に(肉体の目で確認できるのが)自分ひとりだったとしても。

以前ミカエルさんのお話会に伺った際

「言葉は二人の間に降りてくるもの」

とのお話がありました。

その時は

「二人=話す人(1人)と聞く人(その場にいて聞いている人)」

だと思っていたのですけれども、今回のセッションで

「二人=話す人・聞く人=全ての存在」

なのかなと感じました。

そして何を創造したいのかを意図する・選ぶことができるのが、ここでの
楽しみであったりやりがいであったりするのかもしれません。

と、ここまで書いていて話が随分と脱線したような気が・・・(^_^;)

「想いをシンプルで言葉で分かりやすく伝える」ことを意図します・・・はい。


午後はGrowingHeartsさんきくさんとの交換セッション。

贅沢にもお二人同時にヒーリングをしていただき、身体がユルユルに♪
(その後あくびばかりして失礼しました<(_ _)>)

ちょっと前からあった左の首~肩にかけての痛みが随分と和らぎ、だいぶ首を
曲げられるようになりました。

ありがとうございます ( ^-^)

お二人それぞれエネルギーに個性があり、GrowingHeartsさんは手を触れられた
部分の細胞がわくわくして喜び、それが全身に広がっていくような感じ。

きくさんは知的で静かに穏やかに、そして確実に浸透していくような感じがしました。

またGrowingHeartsさんの誘導で、リラクゼーション。

優しく心地よい声に導かれながらの呼吸法は、呼吸と共にだんだん自分の身体が
熱くなってきてビックリ!

ヘンな力が抜けて、循環が良くなったのかもしれませんね。

私はosho禅タロット、数秘をさせていただきました。

3人だったので、2人が1対1でセッションをしているのを1人が見学、または
1対2でセッション、その後感想をシェアという感じで行ったのですけれども
これまで「セッションを見学する」という機会がほとんどなかったので
とても勉強になりました。

とても盛りだくさんで、充実した1日でした。

みなさま、ありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-10-18 23:07 | エネルギー