2010年 05月 20日 ( 1 )

AGE AGE LIVE 再リニューアル

6月からAGE AGE LIVE再リニューアルされるようです。

現行のシステムになって、まだ半年くらいのような気もいたしますが・・・。

AGEAGE芸人さんが40組から80組に倍増するので、出演のチャンスが増えるのは喜ばしいことですけれども、バトル期間の短縮や下位グループの無条件入れ替えなど、条件が厳しくなったようにも感じます。

投票ポイント(会場のお客さん+ネット配信のリアルタイム視聴者)で順位が決まり、また(現行では)投票ポイントはネット配信視聴者の1ポイントに対して会場のお客さんは×5倍になるので、ネタの面白さはモチロンのこと、いかにして「固定ファンを増やす」かが重要かと。

そのAGEAGEの下にはMAEAGE、更にその下にはAGEチャレ、AGEプロがあって完全なピラミッド構造になっています。

芸人さんにとっては厳しく、会社にとってはとてもよく出来たシステムのように感じます。


その上には「ルミネや品川プリンスなどのもっと大きい劇場へコンスタントに出演」があって。

更にその一番上には「テレビなどのマスコミ露出が増える=売れる」があるのかと。


全ての段階を踏まないと一番上まで到達できないわけではありませんけれども、逆に段階を踏んでいても到達できないこともあるわけで。

むしろ到達できるほうが稀なのかもしれません。


今年はNSC(よしもとのお笑い養成所)に800人ほどが入学したそうです。

例年1年後の卒業時に契約まで至るのはその中の十数組とか。


お笑いブームは今しばらく続きそうな気がいたします。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-20 16:57 | お笑い