カテゴリ:日常( 43 )

3人3様

今日からGW。

7連休初日の夫は、日も昇らぬうちから釣り。
風が強かったので、予定よりも早く帰ってきたよう。
釣果なし。(;T-T)ノ\____((¶)

娘はパシフィコ横浜で行われた学校説明会のお手伝い。
小学生にバトンを教え「チョー緊張したぁ(^▽^;)」

私は講演会参加の為都内へ。
タメになったねぇ、タメになったよぉ~(byもう中学生)


3人3様の「昭和の日」でした。


お仕事の皆様、お疲れ様です<(_ _)>

お休みの皆様、楽しいGWを♪




*5月16日(日)・プロデュースイベントのお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-04-29 20:26 | 日常

入学式

今日は娘の高校の入学式でした。

3年前はちょっぴり大きな制服に身を包み
緊張と履き慣れない革靴のせいか、どこかぎこちなく歩いた道を
今日はリボンの色が変わり、ちょっぴりミニ丈になった制服のスカートを
軽やかにひるがえし、颯爽(?)と歩いていきました。


これからどんな人生を創造していくのでしょうか。

なんだかとっても楽しみです♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-04-07 22:35 | 日常

卒業証書

今日は娘の中学の卒業式でした。

とはいっても中高一貫校のせいか、1・2年生の終業式と一緒に行われる為
保護者は不参加。

帰宅した娘に
「卒業式どうだった?」
と聞くと
「卒業と言われても、全くピンとこない。
それよりも大好きなS先生が辞めてしまうことが残念で、みんなで大泣きした。」
とのこと。

学校の卒業生でもあり、定年後も請われて教鞭をとっていらっしゃったS先生。

「皆さんは今卒業証書をもらいましたけれども、自分が仕事を辞めるにあたっては
卒業証書がないので、自分で自分に卒業証書を書いて、ねぎらおうと思います。」

と、ご挨拶をされたそうです。

それを聞いた娘達は

「それなら私達でS先生に卒業証書をお渡ししよう!」

ということになり、クラスに戻ってから皆で文面を考え、裏にはクラス全員の
署名を入れた手作りの卒業証書を作成し、お渡ししたそうです。

急なことだったので用意があるわけもなく
普段使っているルーズリーフを使用したとか。

1枚のルーズリーフに込められた皆の想いは
しっかりとS先生に届いたことと思います。

S先生、今までありがとうございました。
お疲れ様でした。


卒業おめでとう♪



*3月26日(金)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-19 21:58 | 日常

楽しい雛祭り♪

昨日はerikoさんにお誘いいただいて
個人のお宅で開かれた雛祭りパーティーに参加してきました。

近く転居されるそうで、ご自宅への
「今までありがとう」の感謝の意を込めたパーティーでもありました。

30人ほどの方々がいらっしゃったでしょうか。

ローフード&マクロビのお料理
~中にはお野菜から手作りのお料理も!
  たくさん美味しくいただきました♪

お茶室でいただいたお抹茶
~「そんなに慌てて飲まなくても大丈夫ですよ。」と。
 一気飲みするくらいの勢いだったようです(/∇≦\)

ミニセッションあれこれ
~「何かミニセッションを」ということで、タロットをさせていただきました。

 他の方のセッションを受ける時間が取れないくらい
 思いのほか沢山の方々にタロットをさせていただいて
 感謝・感謝です♪

 へナアートやパステル画、ラジオニクス、マヤ暦、オーラソーマなど
 心ひかれるものばかりだったので、それはまた次の機会のお楽しみに
 することにします。

お庭でのフラダンス講座&フラshow
~優美なダンスにうっとり(´▽`)
 みんなでレイと髪飾りを付け、即席フラガール&フラボーイになってダンスも!

ミニコンサート
~新ユニット誕生の予感・・・?

などなど。


意外な人の意外な一面(?)を見ることもできた
それはそれは盛りだくさんな内容の楽しいひとときでした。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、後ろ髪をひかれながらも急いで帰宅。

今度は夫と娘と共に、本日2度目の雛祭りと相成りました。


erikoさん
ご自宅を開放してくださったEさん・お母様
ご一緒させていただいた皆様

ありがとうございました♪



*3月26日(金)・プロデュースイベントのお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。 
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-04 11:22 | 日常

春から高校生♪

娘が高校への内部進学試験結果通知をもらってきました。

中高一貫校ということもあり、ハハとしては
「基準点に達しなければ不合格(進学不可)」というよりは
「現時点での学力把握」が主で「万一基準点未満の教科があった場合は
追試・補習などでフォローアップ」するものだとの認識だったので
「まぁいつもの試験に毛の生えたようなものでしょう。」くらいにノンキに
考えておりましたけれども、当の本人は、かなりのプレッシャーだったようです。

試験直前は特にナイーブになっていたようで、テレビを観ていると思ったら、突然
「結局みんな世の中に踊らされているんだ!」
などと哲学的(?)なことを言い出す始末(^_^;)

いざ先月中旬に行われた進学試験では、受験番号が発行され
いつもの教室とは違う場所を試験会場に・・・と、体裁は一般の受験仕様。
更にプレッシャーに拍車がかかったようです。

試験終了後も折に触れ「どうかなぁ。大丈夫かなぁ。」と案じておりました。
ハハの「大丈夫!」発言には、信憑性を感じられなかったようです(^_^;)

そしてドキドキしながら迎えた今日の結果通知。

「保護者殿」と書かれた封書を開けると、そこには「合格通知書」が。
晴れて春から高校生です。

すっかり気をよくした娘の関心事は、すぐさま
2月に友人と行くディズニーランド&お笑いライブへとシフトチェンジ。

あの変わり身の早さは見習いたいものです(^_^;)

なにはともあれ良かった良かった(*⌒∇⌒*)
おめでとう♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-01-25 23:49 | 日常

乙女たちの歌声

今日は娘の学校行事、校内合唱コンクールに行ってきました。

中学・高校の部に分かれており、中学生はクラス単位で課題曲と自由曲の2曲。

自由曲はゴスペル、童謡、J-POPと各クラスが趣向を凝らした選曲に
なっており、聴いていてとても楽しめました。

新型インフルエンザの流行による学級・学年閉鎖や部活動との兼ね合いなどで
なかなか全員揃っての練習時間が取れなかったようで、前日まで
「どうしよう。大丈夫かなぁ~。」と気をもんでいた娘でしたけれども、いざ本番になると
それは楽しそうに歌っておりました(^O^)♪

会場には保護者のほか、見えない観客もたくさんいらしていました。

楽しそうな歌声につられて来た存在もいれば、壇上で伴奏するお身内を
じっと見守っている人も。

みなのそれぞれの想いが、歌声に更に力を与えていたようにも感じました。

娘のクラスは銀賞をいただき、ほっとしたのか帰宅後~つい先程まで
夕食も摂らずに爆睡しておりました。

その姿は乙女というよりも・・・・

いや、乙女ということにしておきましょうか(^_^;)

お疲れ様でした♪



*12月19日(土)のプロデュースイベントの詳細・お申し込みはこちらです。
  申し込み締め切りは明日18日(金)12時メール到着までです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-12-17 22:28 | 日常

深夜番組あれこれ・3

最後にご紹介するのは

深夜食堂

繁華街の片隅にある深夜0時開店の食堂を舞台に、マスターと
そこに通うお客さんの物語です。

どこか不器用で、でも一生懸命で。

そんな人達のお話です。

原作は安倍夜郎さんの「深夜食堂」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
(新聞のテレビ欄で「深夜食堂」の文字を見つけ、アニメだと思って
録画したら実写でした。)

お店の佇まいも全体のトーンも、ちょっと哀愁漂う昭和な感じです。
(蛍光灯ではなくて白熱灯の感じです。)

個人的にはバブル時期の華やかな昭和よりも、こちらの昭和のほうに
共感を覚えます(^_^;)

オープニングの車窓を流れる夜の都会の景色を見て、終電なくなるまで働いては
タクシーで帰っていた頃を思い出しました。

こんな風に見えてたなぁ・・・なんて。

失礼ながらマスター役・小林薫さんと謎の男・オダギリジョーさん以外のキャストは
あまりゴールデンタイムではお見かけしない方々なので、そこがかえって物語に
リアリティをプラスしているようにも感じます。

毎回キーになる料理があって、ドラマの最後にはさりげなくその料理についての
ワンポイントアドバイスも。

出てくるのは普段食べているような、何気ない料理ばかりなのも
いいなと思うひとつです。


観た後で、じみじみとした気分になるドラマです。


TBSで毎週木曜日0:34~1:04放映中です。


*これで深夜番組紹介は終わりです。 
  ご覧になっている番組はありましたでしょうか?
  お付き合い下さいましてありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-22 00:28 | 日常

深夜番組あれこれ・2

続いては

せんぶウソ

女性タレント(毎回違う人です)が楽屋に戻ってくると、青い袋を見つけます。
袋には「ZENBU-USO」と書いてあり、中には1枚のDVDが。
女性タレントがDVDを見ると・・・。

ナレーションや登場人物とスタッフの会話など、あくまでもドキュメンタリータッチで
ありながら、どこかおかしな設定や登場人物による、タイトル通り「全部ウソ」の物語です。

オードリーをはじめとしたお笑い芸人さんがメインキャストとして真面目(?)に
演じていて、いつもとはまた違った顔が見られます。

(時折視聴者代表のように、DVDを見ている女性タレントの
「え~ありえない。」「そうなのぉ~。」などのリアクションがワイプで登場します。)

これを見ていると、「本当のこと」として見聞きしていることも、ある意味
「全部ウソ」なのかしれないなと思ったりもしてきました(^_^;)


日本テレビで毎週日曜日0:50~1:20放映中です。
(今夜は1:00~のようです。)


(次で最後です。)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-21 16:29 | 日常

深夜番組あれこれ

このところ平日の朝は大抵家族が出かけた7時過ぎに洗濯機のスイッチを入れ
洗濯物が洗いあがるまでの間コーヒー片手に前日録画した深夜番組をみています。

きっかけはテレビ欄を眺めていてふと目に留まったり、雑誌のコラムで
その番組を知ったり。
ゴールデンタイムの番組とはまた違った面白さを感じます。

そのうちのいくつかをご紹介(^_^;)

空中ブランコ

原作は奥田英朗さん著の
『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』『町長選挙』(文藝春秋刊)

一風(かなり?)変わった精神科医・伊良部と、彼のところにやってきた
患者さんのお話です。

松尾スズキさん主演で映画化(『イン・ザ・プール』)されたことがあるので
テレビ欄で同シリーズの「空中ブランコ」の文字を見つけた時、てっきり
実写だと思って録画したのですけれども・・・。

翌日目にしたのは、アニメと実写の融合・・・といってよいのか、それ以前になんとも
ド派手な背景(極彩色+水玉に塗られたビルとか)は何なんだ!とか
イロイロな意味で刺激的な映像でした。
(伊良部先生に至ってはキャラクターが複数いて、シーンごとに入れ替わりも。)

ストーリーは原作に忠実なような気もいたしますし、途中「ワンポイント豆知識」的な
心理学用語の解説などもあって、なかなか参考になります。

電気グルーヴによる主題歌は、遥か昔OLをしていた頃に聴いたことがあるような曲で
どこか懐かしさを感じます。
(同世代の方には共感していただけるような気がいたします。)

好みが分かれそうな気もしますけれども、よろしかったら♪


フジテレビで毎週金曜0:45~1:15放映中です。

                                                     (続)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-20 15:56 | 日常

ビッグイシュー日本版

ミッチェルさんのセミナーの帰り道、駅に向かって歩いていると前方にパンフレットのようなものを頭上に掲げている人がいました。
「何かしら・・・?」と思いながら近づいていくと、そこにはタランティーノ監督の大きな顔写真と「ビッグイシュー日本版」の文字。
そういえば、以前何かでその名前を見聞きしたことがあったような・・・?
なんとなくタランティーノ監督の顔写真のインパクトに魅かれ1冊購入。

ここから自宅の最寄駅までは電車で約1時間。
ページ数からして電車に乗っている間に読み終わるだろうと思いきや、盛りだくさんの内容と記事を読んでは「・・・。」と考えることもあり、結局自宅に戻ってからも記事を読んだり関連する内容をネットで検索したりしておりました。

オールカラーでその時話題の人物のインタビュー、特集記事、各国のNPO的活動の紹介、連載コラムなどバラエティに富んだ内容でした。

購入した最新号(131号)は、インタビューが映画「イングロリアス・バスターズ」の監督クエンティン・タランティーノさん、特集記事のテーマは「いま、そこにあるアート、日常から立ち上がるユーモア」です。

裏表紙にバックナンバー一覧が掲載されており、いくつか興味をひかれた号があったので、また販売者さんがいるエリアにお出かけした際に購入しようと思いました。


ちなみに・・・。

ビッグイシューはホームレスの人々に収入をえる機会を与える事業として1991年にロンドンで始まり、日本では2003年9月に創刊されました。
首都圏では都内の主要駅付近ほか神奈川、千葉の一部の駅付近で販売。
毎月2回発行(1日&15日発売)
1冊300円のうち、160円が販売者の収入になるそうです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-19 14:34 | 日常