<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「何を」と「どのように」

「自分の想いを外側に映す」について書く前に、もう一つ想ったことがあるのでそちらを先に。

「何をするのかではなく、どのようにするのかが大事だ。」といった意味合いの言葉を本で読んだり、耳にされた方も多いと思います。

この「何をするのか」を「どんな手段(ツール)」に、「どのように」を「どのような想いをもって」に置き換えてみたいと思います。

すると「どんな手段(ツール)かではなく、どのような想いをもってするのかが大事だ。」となります。

どのような想いをもってするのか。
リーディングに限らず、何をする時にもこれを一番大切にしたいと今の私は想っています。

恥ずかしながら私自身、つい最近まで想いよりもツール選びに気持ちが向いていました。
「どのツールを使ったらより良いアドバイスができるのか。」をずっと考えていました。
これは違う角度から見ると「使うツールによって、その人に伝えられる(受け取ることができる)アドバイスの内容に差が出る。」と思っていることになります。
あぁ恥ずかしいカミングアウト・・・(-_-;)

恥ずかしいついでにカミングアウトをもう一つ。(自棄になってる・・・?)
日常生活でも誰かの相談に乗ったりアドバイスを求められたりすることがあると思います。
その時「相談して(アドバイスを求めて)くれているのだから、何かこの人にとって有益なアドバイスをしなくっちゃ。」と思い込んでしまうことが度々ありました。

そう思って話を聞いている時、私の頭の中はどうなっているのでしょう・・・?
「有益なアドバイスをするためにはまず事実確認が必要よね。そして本人の意向を聞いて、それが実現する為の具体策を提案して・・・。」
と、それはそれはめまぐるしく(実際は超スロー!?)思考を働かせて、様々な判断をしていることでしょう。

誰が判断しているのですって?
そう「わ・た・し」が。

・・・。何かおかしなことになっていますね。

みんな(本来の)自分がどうしたら心地よいのかを知っているというのに。
もしかしたら今はちょっと忘れているのかもしれないけれど、自分で思い出すことができるというのに。

これを忘れてしまうと、極端な場合「目の前の人は自分で解決策が見つけられないから、相談に乗っている(アドバイスを求められている)私が代わりに見つけなくっちゃ。」
と思い込み、見当違いの方向に話を進めてしまいかねないような気もします。

リーディングという場面では「リーダー(読む人)とクライアント(読んでもらう人)」のように思えてしまいがちなので、尚更「リーダーである私がちゃんとしなくっちゃ。」と、ますます肩に力が入ってしまいそうです。


その人にとっての心地よさ(最善)はその人が一番よく知っている。


このことに全幅の信頼を寄せた上で、一緒に時間を過ごすことができたらいいなと想っています。

とは言え、まだまだそう想えない時もたくさんあります。
というよりも、日常生活ではまだそう想えない時のほうが多いかもしれません。(本日3度目のカミングアウト。)
その時は、すっかり忘れてしまっているのですね(~_~;)
けれどもまた思い出すこともできます。きっと。
そうやって繰り返し繰り返し思い出していくことで、覚えていられる時間が長くなったらいいなと感じます。


友人とのリーディング、そして先日の内容に対していただいたコメントから、色々なことを想い、なんとかここまで文章にすることができました。
ふぅ~。


いつもながらとりとめのない話に最後までお付き合いくださりありがとうございます<(_ _)>


ps:これはあくまでも今の私にとって心地よいと感じることです。
   好みと言ってもいいかもしれません。
   「ずばり言いたい、言われたい」という人もいらっしゃるでしょう。
   それも、あると思います。(by天津・木村)

   自分にとっての心地よさ(最善)は自分が一番よく知っているのですから。

   ね♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-30 13:14 | エネルギー

補足

昨日の続きを少し。

昨日「ツールは違えど、その人に必要なメッセージはちゃんと伝えられるようになっている・・・」と書きましたけれど、一晩たって、もう少しフィットする表現が浮かんできました。

注:「何故一晩もたたないと浮かんでこないのかしら・・・?」という疑問は、とりあえずご放念下    さいますようお願いいたします。(笑)

もともと私達はみんな(本来の)自分にとって何が心地良いのかを知っています。
それを意識の上で覚えている時もあれば、ちょっと忘れている時もあるわけです。
忘れているだけなので、何かのきっかけで思い出すことができます。
そのきっかけとなるものはそれこそ数え切れないくらいたくさんあって、今回の友人の場合はタロットやオーラソーマのボトルだったのかもしれません。

自分の内側にある想いをカードやボトルという外側の目に見えるものに映し客観的に見ることによって、意識の上で思い出すことができるのかなと感じます。

また既に習慣化、パターン化された思考・行動は、あまりにも馴染み過ぎて自分では認識できなくなっているのかもしれません。。
それも一旦外側に映すことにより、客観的に見た上で修正・変更ができるようになるのかなとも感じます。

自分の思考・感情・行動などを客観的に見ることによって、さてこれからどうしていこうか、どうしていきたいのかが意識の上で明確になり、次への一歩を踏み出せる。

それらのことからタロットでは「タロットは心を映す鏡」と表現しているのでしょう。
オーラソーマにも同様のことが言えそうです。
(ちなみにヒーリングクラスでやった「思考体・感情体と距離をとる。」も、目的は同じような気がします。)


どのツールを用いるかは、そうたいした問題ではない。
答えは既にみんな一人一人の中にあって、それを映しているだけなのだから。

よって

ツールの違いはあれど、その人にとって必要なメッセージは
ちゃんと伝えられるようになっている。


あぁ、ようやく昨日書きたかった想いに近づいたような気が・・・。
またまたとっても長い説明になってしまいました(~_~;)

自分の想いを文章や言葉で表現するのは、ほんとうに難しいですね。
(単にボキャブラリーが貧困で、表現力がないだけという説もアリ。汗)


「自分の想いを外側に映す」については、次回もう少し書いてみようかなと思います。


いつも拙い文章におつきあい下さり、ありがとうございます。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-28 14:51 | エネルギー

ツールは違えど・・・

タロットを使うようになってから、とんとご無沙汰だったオーラソーマ。
昨日久しぶりに友人相手にプチコンサルテーションを行いました。

そもそもタロットリーディングが目的で我が家に来た友人。
まずはカモワンタロット、次いでOSHO禅タロットを使い、いくつかの質問に対してリーディングを行いました。

二つのカードを使用してみて興味深かったのは、カモワンタロットでは質問に対して事象を確認し解決策を見出していく中で,友人の価値観やこれまでの思考パターンが浮き彫りになっってきたのに対して、OSHO禅タロットではいづれの質問にも共通する友人の価値観や思考パターンが、そのままカードに現れたことです。

更に「こっちもやっていい?」と友人が選んだオーラソーマのボトルは、OSHO禅タロットで引いたカードと同じテーマを持つボトルでした。

さすがの友人も、3つの違うツールを使って同様のメッセージが伝えられたので「やっぱり○○だということよね。これからは△△しようっと。」と納得した様子。

いづれの場合も友人本人が選んでいるので当然の結果といえばそれまでですけれど、複数のツールを使ってリーディングを行ったのは初めてだったので、とても新鮮に感じました。

ツールは違えど、その人に必要なメッセージはちゃんと伝えられるようになっているのですね。
なんだか目からウロコというか、感心してしまいました。

久しぶりの出動(?)に、ボトル達も嬉しそうでしたよ♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-27 23:10 | エネルギー

リセット・・・する?

今月から日本テレビで放送されている「木曜ナイトドラマ・リセット」。
ご存知でない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にご説明いたしますと・・・。

一話完結型で、主人公が「あの時あっちを選んでいればこんなことにはならなかったのに・・・。」と過去の選択を後悔していると、携帯電話にメール着信が。
画面には「リセットしますか?」の文字と「yes・no」の選択ボタン。
不思議がる主人公の前にアンリと名乗る謎の男性(ココリコ・田中さん)が現れ「リセットできますけど・・・。どうします?」と尋ねます。
そこで主人公は「yes」ボタンをクリックし、現在までの記憶を持ったまま選択直前まで時間を遡り「こっち」ではなく「あっち」を選び直します。
「これで、私の人生うまくいく!」と喜ぶわけですけれども、またしても「「どうしてこんなことになってしまったのだろう。あの時リセットなんてしなければ良かった。」と後悔するような出来事が起こります。
そこにまたしても携帯電話にメール着信が。
画面には「もう一度リセットしますか?」の文字と「yes・no」の選択ボタン。
再びアンリが現れ「もう一度だけリセットできますよ。これまでの全ての記憶を持ったまま。ただし今度はリセットボタンを押す前(一度目のリセットを決める原因となった出来事が起こった後)「までですけど。・・・。どうします?」
そして「このコインが底につくまでの間に決めて下さいね。どちらのボタンも押さなかったら、リセットなしってことで。」と、一枚のコインをポール状の水槽に落とします。
さて、主人公の選択は・・・?。もう一度リセットするのでしょうか。それとも・・・。

簡単に・・・と言いながら長く、分かりにくい説明になってしまいました。すみません<(_ _)>


これまで「あの時こうしていれば・・・。」と後悔したことは、もちろんあります。(きっぱり!)
そして「あの時こうしていれば、今頃きっとこうなってああなって・・・。」と楽しい妄想に耽ったことも数知れず・・・(笑)
けれども、どうやらどちらを選んだとしても、自分にとって「好ましいと思えること」と「好ましくないと思えること」はあるようです。
ドラマと違うのは、「もう一方を選択していたらこうなるでしょうバージョン」を知ることができないので、現在の状況を受け入れ難く感じている時は尚更「選ばなかった方」が正解だったような気がしてしまうのかもしれません。
「隣の芝生は青い」という諺もありますし。

よく考えてみてば、毎日が選択の連続なわけで。
起きてから寝るまでの間、一体何回選択をしているのでしょう(・・?
「今起きる?起きない?」「歯を磨く?磨がない?」「この洋服着る?着ない?」etc・・・。
習慣化していて無意識に行っているように感じられる行いも、やはり選択の結果といえそうです。
「誰々がこっちがいいって言うからそうしただけ。」と「選択したのは自分ではない。」と思う時であっても、その「『誰々の選択に従う』選択」をしたのは他ならない自分だったりします。

そうすると「あっ、間違ったかもしれない。」と感じた時点で「じゃぁ、これからどうしようか。」と考えて、新たな選択をすることが出来そうです。
リセットしたり時間を遡ることに労力を費やす(?)よりも簡単なように感じます。
もちろんそう思えるようになるまでに、後悔したり妄想したり・・・を心ゆくまでやってみることも必要かもしれません。

「あの時の後悔があったから今の私がある。」なんて今の自分を肯定的に思えるようになった時には、それまで「間違った選択」だととらえられていた事が、実は「正しい選択」だったという事になります。


そう考えると何を選んでも選ばなかったとしても、そう大きな違いはないのかもしれません。


なんて、録画したドラマを観た後とりとめのないことを想う土曜の昼下がりでした(^o^)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-24 13:20 | 日常

類は友を・・・

今までお世話になっていた美容師さんがお店を辞められたこともあり、以前から友人に
「きっと気にいると思うから行ってみて!」と勧められていたヘアサロンに行ってきました。
(昨日の話です。)

昨年春にオープンしたこのお店は、ドアを開けるとディスプレイされたオーラソーマのボトル達がお出迎え。
店内はダークブラウンを基調とした内装で、アンティークな雰囲気漂う時計や椅子などがさりげなく置かれています。
オーナー(女性)がお一人でされており、完全予約制なのでお客は私一人。
カット&シャンプーで約1時間30分、ゆっったりとした時間を過ごしてきました。

お互いオーラーソーマプラクティショナーという共通点もあり、(一応資格は持っています。ボトルセットも自宅にあったりします。えぇ一応・・・。)オーラソーマの話、そこから発展してタロット、江原さん、ヒーリングなどの話で盛り上がりました。

「先日お客様にタロットリーディングをしていただいたんですよ。」と仰るので、よくよくお話を伺ってみると、先日まであるスクールでご一緒していた方だったことが判明。
意外なところで繋がったりするものですね(~_~)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-22 08:46 | 日常

困った人なんていない・後編

(前編の続きです。)

少し眠っては起き、を繰り返し、歩けるくらいに回復したので夕食の買い物に出掛けました。
自分の後ろに何人もの人をゾロゾロ連れて歩いているようなヘンな感覚でした。
歩きながらボーっとする頭で「このことは、私に何を伝えたいのだろうか。」と考えていました。
今起きていることは全て私の心(エゴ)が外側に投影して作り出したもので、その象徴として
あたかも自分とは別の、肉体を持たない人や持っている人の想いという形で見ている、感じているというのは間違いないように思えたのです。

暫くすると
「そうか。想いを改めなければならないのは私のほうだ。」との想いがやってきました。
それまでは時折体験するこのような出来事を「自分とは分離した存在(霊)」との関わりとして
受け止めていましたけれど、「全て自分なんだ。」と初めてはっきりと想いました。
そう想うと、自分後ろにいる(と感じる)「話を聞いてくれない、ちょっと(かなり?)困った人たち」が、とても愛おしく感じられました。
みな一生懸命に愛を表現しようとしていただけでした。

「困った人たちなんていないんだ。みんな愛に満つる存在なんだ。
そして私達はひとつなんだ。」

心底そう想った時、一瞬ふっと身体が軽くなり
「ありがとう。」「ありがとう。」と、いくつもの声が聴こえてきました。


今回の出来事は、私は肉体の目で見える人をまだ完全に自分だとは思い切れないので
見えない人(霊)の想いの形を使って「全てはひとつ」だということを実感させてもらったのだと
感じています。


実はこの話にはオチがあります。

折りしも翌日は定期的にエネルギーチェックに伺っているヒーラーさんの予約日でした。
この出来事について、かいつまんで
「昨日色々な人の想いを受けて体調を悪くしたけれど、今はかなり回復しました。」
とお話したところ
「う~ん。まだちょっといるよ。昨日はいっぱい憑けてたんだねぇ。」
と言われてしまいました(ーー;)
まだまだ私の想いは弱いようです・・・。
それから「憑いているのとは違うけど、キリスト教関連の人が護りでいるよ。今とっても強くキリスト教的なエネルギーを受けてるね。」とのことでした。

ヒーリングしていただくと、あっという間に身体スッキリ!!
昨日のアノ辛さは一体何だったのか!?という気もしなくはないですけれど、それくらい痛い思いをしないと受け入れることができなかったのだと感じています。



とっても長くなってしまいました(~_~;)
お読み下さってありがとうございました。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-20 12:10 | エネルギー

困った人なんていない・前編

ちょっと時間を遡って、昨年12月の「キツイと感じた体験」について書こうと思います。
これまで内的体験については、ごく一部の人にしかお話したことがありませんでした。
もともと言葉で表現しにくいのと、話したり書いたりすることによって「これは事実なんです。」と宣言することになってしまうような気がして。(←これは私の恐れの中でも大きな一つでした。)
「私の体験=みなさんの体験」とは限りませんし・・・。
もしかしたら「私の体験=私の妄想(!?)」かもしれないわけで・・・(汗)
話すことで、それを聞いた人が混乱したり不安なったりしたら、それは全く本意ではなく・・・。
と、とっても歯切れの悪い状態でおりましたけれど先日のメッセージもあり、そろそろいいかな・・・と。
今回に限らず「ふ~ん。そんな風に感じたのね。」と、サラッと読んで下さると嬉しいです。

・・・・。随分と前置きが長くなりました。
ここから本題です。

昨年12月のことです。

朝パソコンに向かっていたら突然右半身が重くなり、断続的に意識を複数の別人格にとられるような強い感覚に襲われました。
この感覚はヒーリングクラス生だった時に初めて感じたものと同じだったので恐れの気持ちはなかったものの、正直なところ「何で今なのかしら。他にやることいっぱいあるのに・・・。」と思いました。

だんだん起きているのが辛くなってきたので、家事を中断して横になって休むことにしました。
横になったらますます身体が重くなり、胸はしめつけられるように痛いわ、喉は詰まって息苦しくなるわで、身の置き所がないといった感じになりました。
複数の人が同時に話かけて来るので、頭の中はぐちゃぐちゃ。
目を閉じると次から次へと映像が流れては消えてゆきます。
特に何度も繰り返し現れて印象的だったのは小学生くらいの男の子が、大好きな父親が大好きな母親に暴力をふるっている場にいて、止めたいけれど止められない無力感にうちひしがれ哀しい気持ちで見ているしかないシーン、その大好きな父親に暴力をふるわれ、大好きな故に父親に対して憎しみをもってしまった男の子の哀しい瞳、お侍さん数人が崖の上に追い詰められ、斬られて崖から底へ落ちてゆくシーンでした。
どの映像からも苦しみ、痛み、悲しみ、後悔が伝わってきました。

いつものように「あなたの気持ちは受け取りました。あなたは全く悪くない。もう自分を責めなくてもいいのですよ。あなたが護れなかったと思っている人も、あなたを全く責めていません。誰も傷ついていないし、誰も傷つけてなどいないのですよ。」とお伝えしましたけれど、全く聞き入れてもらえませんでした。
更に自分の想いを「分かって欲しい。」とばかりに強く伝えてきます。
ますます「どうしたものかしら・・・。」と困惑しました。
(ほんの一瞬でしたけれど、こんな時一斉除霊ができたらどんなにいいだろうかと思いました。)


*書いているうちにとっても長くなったので2回に分けることにしました。
 よろしかったら続きもお付き合いくださると嬉しいです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-20 12:07 | エネルギー

それでいいのです

昨日ブログを書いた後、この話を書くということは私自身が心のどこかで今回のことを残念に思っていたり、娘は娘なりに一生懸命やっていると伝えたいと思っているのだと感じました。
親ばか全開ですね(~_~;)

ちょっと凹んでいたら、とっても優しいエネルギーが頭頂から身体全体に注がれてきました。
頭から足の先までじんわりと温かくなり、エネルギーの繭にすっぽりと包まれてとてもやすらかな気持ちになりました。

いいのです。それでいいのです。

優しい声が聴こえてきました。



いつもありがとうございます。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-16 16:49 | エネルギー

役割

今日は娘の話を。

昨日娘が学校から帰宅後、「お母さん、実は昨日(一昨日)顧問の先生から『高校生になったら責任者を再度Aさんにしようと思っているので、そのつもりでやって欲しい。』って言われたんだ。『あなたには損な役回りをさせるけど。』って。今日Aちゃんも顧問の先生に呼ばれて、そのこと聞いたって。」と話し出しました。

娘は中学二年生。中高一貫校に通い、バトン部に所属しています。
昨年の夏顧問の先生から、それまで学年責任者をやっていたAちゃんと代わるように言われ、以来娘なりに努めてきました。

(娘はそう目立つタイプではありません。先生はきっと娘の物事に真面目に取り組むところや、周りに配慮するところを見て選んだのだと感じます。高校生になると責任者=部長となり、リーダーシップやバトンの技量が必要になってくるのでしょう。その辺りのことも考えてAちゃんが適任だと判断されたのだと感じます。そしてお互いが更に成長できるよう、このタイミングでお話をされたのだと感じます。)

「先生から聞いたとき、どう感じたの?」と尋ねると
「『やっぱり私じゃぁダメなのかなぁ・・・』って悲しい気持ちになって落ち込んだのと、単純に『なんでっ!』ってオモシロクナイ感じがした。」
と返ってきました。

親のひいき目で見ても、娘は決してバトンが上手ではありません。
顧問の先生が責任者交代について部員みんなへ説明をした時にも
「バトンが上手なのと責任者を任せるということは別の話です。」と付け加えたくらいです。

娘も自分のバトンの技量は十分自覚しているので、休日は「みんなに迷惑をかけないように。責任者として恥ずかしくないように。」と、朝早くから近くの公園で自主練に励んできました。
もともとは「私はバトンも下手だし、みんなをまとめる力もないし、無理です。出来ません。」と泣いて断ったのを「大丈夫。先生もサポートするから。」と説得され、渋々引き受けた役割ではあったけれど、先輩からの指示(携帯メールで送られて来る事が多いようです。こんなところでも携帯が活用されているのですね。)の伝達や、学年内のトラブルの仲裁、相談を受けたり・・・と、何かあるごとに悩んだり涙したりしながら、責任者としての自覚や自信をつけてきたところだったので娘の気持ちもよく分かります。

ひとしきりプチプチ言った後、「きっとAちゃんも、あの時今の私と同じような気持ちだったんだろうなぁ・・・。」とポツリ。
Aちゃんは先生から交代を告げられた時、娘のいないところで泣いていたそうです。
小学校の時からバトンを習い、学年の中では一番上手。
明るくみんなの中心的存在で、みんなの話し合いで選ばれたAちゃんでした。
その時のAちゃんの気持ちも察するに余りあります。
そして今のAちゃんの、嬉しいけれどちょっぴり複雑な気持ちも。

「ねぇ、私って損な役なの?」と尋ねられたので「どう思う?」と尋ね返しました。
「・・・。損だと思うと、なんかもうやりたくなくなる。でも、損とか得とかって思わなければ、別にいいかなって。」

その時、野球の中継ぎピッチャーのことが頭に浮かびました。
野球については詳しくないので、もしかしたら違うのかもしれないけれど、私の中では
「先発の良いところはそのまま、悪いところはできるだけ修正(ex:点差を守る)し、最後のピッチャーが仕事をしやすい状態で引き渡す。」のイメージがあります。

その話をすると「ふ~ん。そう思うと頑張れるかも。」

「あと1年、どうしたい?」と尋ねると
「う~ん。どうせならもっとみんなで協力し合って、バトンも上手になって、後輩の面倒もちゃんと見れて、今よりいい状態にしたいな。」と答えました。

来月は発表会。
それが終わると5月の体育祭での発表に向けて新しい演目の練習が始まります。
演技は中・高単位で行うので、体育祭からは娘達が中学生全体をまとめていくことになります。

小さな体をめいっぱい使って演技をする娘を見るのが今から楽しみです♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-15 17:39 | 日常

改める

昨日は今年最初のアドバンスクラスでした。
一年の始めに・・・ということで「日本の神様カード」を引きました。
カードを切っている時飛び出てきたのが「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)」。

直感でひらめきを得、それを大地に下ろしなさい。ひらめきは天啓、天から落ちる雷です。
私には恐れるものなどありません。はっきりとしたビジョンを描き、それを行動に移しなさい。
ためらっている暇などないのです。

(赤字部分解説書より引用)

一昨日タロットにある質問をした時、展開の最後の位置に出たカードが「神の家」「審判」でした。
(「神の家」には「天啓」、「審判」には「天の声を伝える」の意味があります。もちろん他の意味もあります。)
そして今の問題点は「言わないこと」。

質問に対する答えとして伝えられたのは

自信のなさ、疑いの気持ちから伝えるべきことを伝えていない。今までのやり方を超えて、躊躇することなく天の声を伝えていくことがあなたの役割です。   

でした。

天の声なんて言われると、なんだかとっても怪しいような、アブナイような気もしますけれど
(って、そう感じるのは私だけでしょうか・・・(~_~;))これは奇蹟のコースで言うところの
聖霊の声のことを指しているのだと感じました。

ちなみに・・・

聖霊はいつも私達に語りかけています。
そして私達が聖霊の声を聴くことを選択した時、例えそれが他の大きな声にかき消されてしまいそうな小さな声であったとしても、はっきりと聴こえてくるのだと感じます。

二日続けてこのようなメッセージがあったこと、そして昨年羽根さんの「ちょボラdeメリークリスマス!」企画でいただいたメッセージの中にも共通するキーワードがあったことから、さすがの私も(とっても臆病で小心者なのです。ハイ。)考えを改める時なのだと感じました。


これまで恐れから書くのを躊躇していたことも、これからは少しずつ書いていこうと思います。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-01-14 01:33 | メッセージ