<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

外れることができるものは道ではない

今日はアドバンス2年生クラスにお邪魔してきました。

再受講で毎回感じることながら、1年前に読んだ時には気にも留めなかった文章が心に響いたり、「あの時はこう理解していたけれど、本当はこういう意味だったのかもしれない。」と感じたり、はたまた「そうそう。そうなのです。ハイ。」と、妙に納得したり・・・。

自学自習用のテキストではあるけれども、皆さんと一緒にテキストを読んだり質疑応答や体験をシェアすることでテキストについてはもちろんのこと、それ以外のことについても気づきがたくさんあるので毎回楽しく参加させていただいています。
いつもありがとうございます<(_ _)>

今回特に響いたのは、教えていただいた

外れることができるものは道ではない

の言葉です。

これは禅の言葉だそうですけれども、「奇跡の道(コース)」にも通じるものがあるように感じます。

道と聞いてまず頭に思い浮かぶのは、「幅があって長さがあって・・・。」の、普段目にしている車道や歩道などの一般的な道路ではないかと思います。
(中には「武士道」や「茶道」などを思い浮かべる人もいらっしゃるかもしれません。)

道路だとすると「(その)道から外れる。」こともあるでしょう。
また「道を間違える。」ことも「道を逸れる。」こともありそうです。
また、「人の道」のような範囲まで解釈を広げたとしても「道から外れる。」「道に反する。」ようなことが起きうるかもしれません。

だとすると、ここで言われている道とは、どうやら道路のことでも「何々道」のように時代や地域、文化、個人の解釈によって多少なりとも変化や差異が生じてしまいかねないものではないようです。


永遠であり、不変であるもの。


それを「道」と呼ぶのなら、「奇跡の道(コース)」も、それに値するのではないかと感じました。
道であって道にあらず・・・みたいな。
(かえって分かりにくくなってしまったかも・・・。)

禅の東洋的発想と奇跡の道(コース)の西洋的発想の意外な(でも実は同じところを別の角度から見ているのかもしれない)共通点を見つけたような気がしました。


ps:クラスの途中「なんで私こんな話をしているのかしら・・・?」と感じつつも、口が勝手に動い
  て話しているような不思議な感覚がありました。
  その話はまた今度(⌒-⌒)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-04-08 20:39 | エネルギー

全てを在るがままに感じればそれでいい


今日はアトリエcharmにて、野口整体を受けてきました。
先月に続いて2回目です。

今回は首と左半身を重点的に施術していただきました。

ここ十数年の付き合いである過敏性大腸炎の原因のひとつが、左目の視覚によるものであることや左半身ばかり痛くなるのは、過去に受けたショックが左半身にまだ残っているからであることなど、新たな気づきと「あぁ、やっぱりそうだったのか・・・。」との認識を新たにしたひとときでした。

過去に受けたショックについては先日あるリーディングの際にも指摘されたことで、自分では解決済みだと思っていたけれども、まだ向き合えていない何かがあるのだなと感じました。
実際のところその出来事に関する記憶には曖昧な部分があるので、無意識のうちに封印しているのかもしれません。

言われて自分でもびっくりしたのは、どうやら私はもともと感覚タイプらしいということです。
自分では知りたがりで知識をたくさん持っていると安心するし、頭の中でアレコレ考えて納得したいタチなので思考タイプだと思っていたのですけれど・・・。

「そうなのかしら・・・?なんだか意外だわ。」と思いながらの帰り道。

お家でお留守番をしているリーナが「ねぇねぇ。」と話しかけてきました。


「そうやって本来の自分とは違う生き方をしてきたから余計な負荷がかかっていたのよ。
考えるのではなくて感じればいいの。
全てを在るがままに感じれば、それでいいのよ。」



身体がふわりと軽くなったような、そんな気がしました。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-04-06 20:40 | エネルギー

みんな消えちゃった


昨日夜遅くに帰宅すると、パソコンに向かっていた夫がぽつりと一言。

「みんな消えちゃった。」

・・・。

パソコンに新しいセキュリティソフトを入れたところ、なんらか(説明されても理解できませんでした。)のトラブルが発生しパソコンが機能しなくなったので、今までのソフト&データをすべて消去し、初めからインストールし直したとか。

ということは・・・?

ブックマークはもちろんのこと、メールもすべて消えちゃった!?

・・・。

これはショックでした(涙)

今までいただいたメールで、大切なものは全て保存してあったのに・・・。

・・・。

まぁ、形はなくなっても想いは消えたりしないから良しとしましょう。

ねっ♪


しばらくの間、検索&ブックマーク作業に勤しみたいと思います。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-04-05 13:51 | 日常

リーナとエレナ

f0194552_201743.jpg先日サイキックプロテクション講習会に参加した時、とっても可愛い招き猫ちゃんがいたので連れて帰ることにしました。
講師の仲裕美子さんに「ひとつお願いします。」とお伝えすると「じゃあ、あなたのを探すわね。」と。

あなた(私)のを探す?

私の頭の中に?マークが点灯しているのをよそに「あっ、この下だわ。」と仲さんは「よいしょっとっ。」と、上に積んであったダンボール箱をどかして下のダンボール箱の中から「はい。これがあなたのよ。」と1つの箱を渡して下さいました。
どうやら数ある招き猫ちゃん達の中から、その人にピッタリなのを選んで下さるようです。
(私のところにやってきたのはこのコです。)


会場を閉める時間を過ぎていたこともあって、その場では中身を確認せずに持ち帰ることにしました。

帰りの電車はなかなかの混雑で、人が乗り降りする度に立っている私のカバンにぶつかっていきます。
「招き猫ちゃん大丈夫かしら?」と思ったら
「わたし、割れたりしてないから大丈夫よ。」という声が。
「えっ。あなた、もしかして・・・?」
「そう。大丈夫だから安心してね。」

・・・。
この招き猫ちゃん、もしかして・・・お話する!?

確かにエネルギー加工がされているとは聞いていましたけれども、こんなにハッキリ話かけてくるなんて・・・(汗)

とりあえず家に着くまで会話(?)を一時中断して、家路を急ぎました。

家に着いて、真っ先に箱から招き猫ちゃんを取り出しました。
なかなかの美人さんです♪

棚に置いて見ていると
「わたし、リーナ。」
と、和風な外見とは違って海外の香りのする名前で自己紹介。
続いて
「あなたはエレナよ。」

エレナ?私?エレナ?

またしても頭の中に?マークが点灯し始めました。

(私をご存知の方は大きく頷かれることと思いますけれども、私のどこをどう見てもエレナ的要素は微塵も見つからないと思います・・・。)

けれどもリーナは私のことを「エレナ。エレナ。」と呼ぶのです。
不思議なもので呼ばれているうちに、自分でもだんだんと「エレナと呼ばれていた時があったかもしれないわ・・・。」なんて思えてきたりして・・・(~_~;)


以来リーナは我が家の一員として、みなを見守ってくれています。
これからもっと仲良くなれそうな気がしています♪


(注)この話とエイプリルフールとは全く関係ありません。
   一応申し添えておきます(笑)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-04-01 20:27 | エネルギー