<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

部屋とごみ袋とデヴィ夫人、そしてQ太郎さん

昨日お昼寝の時に見た夢のお話です。
(昨日ブログにアップするべく書いていたら、急に消えました(>O<)・゜゜・。
なので再度。)

私は2階建てのマンションの2階(階段状の土地に建っており、玄関側から見ると2階
ベランダ側から見ると1階)に住んでいます。
寝室でお昼寝(夢の中でも寝てるって・・・)をしていると、ベランダに面した道路が
やけに騒がしいので目が覚めました。
「なんだろう。」と思い、ベランダにでてみると、道路にはマスコミの報道陣がびっしり!
マイクを持ったレポーター、テレビカメラ、フラッシュをたいて撮影するカメラマン。
みな、お隣の様子を伺っている模様。

「隣に何かあったの?」と視線を隣のほうに向けると、隣のベランダからぱんぱんに
詰まったごみ袋がどんどん道路に落ちています。
どうやら室内から出したごみ袋がベランダに収まりきらず、道路にこぼれ落ちて
いるようです。
一戸のマンションから出る量とは、とても思えません。

「隣って一体・・・?」

その時、かすりの着物を着て髪をアップに結い上げたデヴィ夫人が登場。

艶やかな笑顔を振りまきながら

「みなさん、お騒がせしてごめんあそばせ。
ワタクシ、この度引っ越すことにいたしましたのヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ」

フラッシュが一斉にたかれます。

「ワタクシ、ご挨拶に伺わなくては。ごめんあそばせヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ」

デヴィ夫人はそのまま報道陣をかきわけ、見えなくなりました。

隣ってデヴィ夫人だったの?
都内の豪邸に住んでいるのではなかったっけ??
もしかして仕事用に借りてたの???
一回も会ったことなかったけど・・・????
それにしたってあのごみの量は?????

そこへ大型のブルドーザーがやってきて、道路やベランダにあるごみ袋をすくい上げ
みるみるうちに道路もベランダもきれいになっていきました。


ここでめが覚めました。


認識され明らかにされることによって、もう必要なくなったもの(物質のみならず感情や
信念など)を手放すことになるのかもしれません。
そんな気がしました。


その後また眠くなり、2度目のお昼寝。

今度の夢は

列に並んでイベントの整理券をもらいます。
集合時間まで、広場のベンチで一休みをすることに。
広場のそこここには同好の士とおぼしき人たちが。

「次の回も並びます?」

見知らぬ女性に尋ねられ

「私は明日にしようと思っています。」


ここで目が覚めました。


何のイベントかって?

整理券には「ハイキングウォーキング・Qちゃんと話そう!」と書いてありました。

これはきっと願望(?)の夢だったのでしょう・・・(^_^;)


と、ここまでが昨日書いて消えてしまった部分です。


実は・・・

先程知ったのですけれど・・・

11月にQ太郎さんのワンマンライブが行われることになり、チケットの先行予約受付が
昨日まででした(≧◯≦)

夢の中で並んでても・・・ねぇ。

一般発売に賭けたいと思います。



*10月17日(土)のプロデュースイベントの詳細はこちらです。
  みなさまのお申し込みを心よりお待ちしております。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-30 14:17 |

薄紙を剥ぐように

羽根さんのブログで紹介されていたアニメ「イヴの時間」。

ブログを読ませていただいている時から胸がザワザワしてきました。
「これは是非とも観なくては!」と思ったものの、なかなかその勇気がでませんでした。

今日やっと「観よう!」という気持ちになって、全6話を一挙に観ました。

このアニメは未来のたぶん日本。
ロボットが実用化されて久しく、アンドロイドが実用化されて間もない時代が舞台のお話です。

羽根さんと同じく第4話の旧型ロボットの経緯が明らかになるシーンで、とても強い感情に襲われました。

やってきたのは
「さんざん利用するだけ利用されて、利用価値がなくなったら最後は捨てられる。」
「信じても裏切られる。」
(と、今こう書いているそばから胸がザワザワします。)

数年前自分で一番最初に思い出した(?)過去世が、まさにそうでした。
呪術の能力があったが故に権力者に脅され、家族や村人の安全と引き換えに遠く離れたお堂に隔離され、権力者の言いなりになって呪術を行い、その度に罪悪感を持ったこと。
安全だと思っていた家族が、実は争いに巻き込まれ既に亡くなっていたことを聞かされた上、斬られ、お堂に火を放たれての最期。

そして次によみがえってきたのは3才の頃の出来事でした。

休日に具合の悪くなった弟を連れて母は病院へ。
私の面倒をみるように言われた父は、当時住んでいた自宅(団地)の目と鼻の先にある砂場に私を連れていき、「ここで遊んでいるように。」と言い残して一人自宅へ戻りました。

砂場には誰もおらず、しばらくすると一人でシャベルで砂を掘りバケツに入れている私に一人のおじさんが声をかけてきました。
「お母さんが呼んでるから、一緒に行こう。」

「うん。」
なんのためらいもなく、バケツに入った砂を捨ててシャベルをバケツに入れ、おじさんと手をつないで歩き出しました。

茶色のハンティング帽を被り上着を着はおったおじさんと、ブタの顔のアップリケ部分がポケットになっているスモックにズボンの私。

途中どこかに寄ったような気もしますが、よく覚えていません。

自宅から数キロ離れたバス通り沿いにある小学校の正門前に来ると「今お母さんが来るから、ここで待っててね。」
と言って、おじさんはそのまま歩いて行きました。

言われた通りにお母さんが来るのをじっと待っていました。
けれども、いくら待ってもお母さんは来ません。
おじさんも戻ってきません。

どのくらい待ったのか、だんだん心細くなってきて涙が出てきました。

声をあげて泣いていると、学校の中から女の人が出てきて「どうしたの?」と声をかけてくれました。
「お母さんがいない。」

迷子だと思われたのか、学校内の応接室(黒いソファがありました。)に連れていかれ、「お名前は?」
「いくつ?」と、いくつか質問されました。

しばらくして「おうちの人が迎えにくるからね。」と言われ、キャンディをもらったのと初めて見る黒い皮(?)のソファに座ってご機嫌になった私の元へ、血相を変えた母がやってきました。

母の顔を見て、また涙があふれました。

自宅に戻ると父と母が言い争いを始めました。

「どうしてちゃんと見ていてくれなかったの。」
「知らない人についていくなんて思わなかった。」

なんだかよく分からないけれども、自分が悪いんだと感じました。

おじさんを信じてついていったら置き去りにされた。
来ると言っていた母も来ない。
悪いのはわたし。

この時の想いと過去世の想いが、未だ終わっていない感情として湧き上がってきたようです。
自分ではもう終わりにしたと思っていた感情が、実はまだ「悲しみ&怒り」として残っていたことに気づかされました

当時は誘拐事件が多発しており、マスコミでも連日報道されていたそうです。
私の場合は、単なる気まぐれで声をかけたのか、始めから誘拐目的だったのかは定かではありませんけれども、ひとつ間違えれば今こうしてブログを書いていなかったのかもしれません(^_^;)

そう思うと人目につきやすいバス通り沿いの、小学校の正門前で開放してくれたおじさんに感謝したい気持ちです。

おじさん、見つかりやすいところで開放してくれてありがとうございます。


なんだかまとまりにない話になってしまいました(いつものこと?)

こうして、時折意外なところで意外な感情に出会い、それを受け入れることで薄紙を剥ぐように少しづつ癒されていくのかもしれませんね。

ここまで書いて胸のザワザワがおさまりました(⌒-⌒)
最後までお読み下さってありがとうございます♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-28 22:32 | エネルギー

セッションの名称について

プロデュースイベントを再開するにあたり、セッションの名称を考えることになりました。

実は名称については全く頭になく、「告知する時に必要なので決めて下さい。」と連絡をいただいて、初めて気づいたのでした(^_^;)

「何か相応しい言葉を・・・。」と、手元にあるイロイロな分野の本を読み返したり、ネットの翻訳サイトで調べたりしましたけれども、ピンとくるものなし。


ところで・・・

ご存知の方も多いことと思いますけれども、エキサイト翻訳サイトには再翻訳機能があり(日→英→日など)訳文を比較することができます。

これが意外と面白い!

例えば「刹那を紡ぐ→The moment is spun.→瞬間は回転されています。」みたいな。

しばらくイロイロな言葉を入力して、楽しんでました。


おっと、本題に戻ります。

「早く決めて連絡しなくっちゃ。」と焦れども、頭は真っ白。

どうしたものかと考えているうち「そもそも、どうしてプロデュースイベントを再開しようと思ったのか。」に、いきあたりました。

ここ数年「奇蹟のコース」を学んで、「自分の見ている世界は自分の思いが作り出したもの」であることや「自我を選ぶのか聖霊(良心)を選ぶのかは自分で選べるし、どちらを選ぶのも全くの自由である」ことなどを実感してきました。

けれども、頭では分かっていても何かの折に感情が強く反応して、そのことをすぐには思い出せない時もあります。

そんな時、クラスで「私達はいつでもどんなときでも心がやすらかで平安であること(聖霊の声を聴くこと)を選択することができる。選択することを妨げているものがあるとしたなら、それを終わらせることができる。」ことを繰り返し伝えていただいて、その度「あぁ、そうだった。」と心の平安を選択できたように感じます。

今度はそれをご縁のあった方々に分かち合いたいと思ったのが、いちばんの理由でした。

そしてリーディングやヒーリングなどの各種ツールは、一時的に利用するものではあるけれども、心の平安を選択するサポートとして有効だと思ったのも理由のひとつです。


じゃぁ、それを表している名称は何かしら・・・?

「心の平安」や「選択」は、ちょっと硬い感じがするし・・・。

そうだ!「やすらぎ」がいい♪


その後ろに続く言葉は・・・?

「処方箋」はちょっとイメージが違う・・・。

もう少し柔らかい感じで・・・。

それでは「レシピ」なんてどうかしら・・・?

「やすらぎのレシピ」

う~ん、いいかも(⌒-⌒)


というわけで、「やすらぎのレシピ」に決定。


(ちらりと「やすらぎのサプリ」というのも浮かんできましたけれども、娘の「レシピ(セッション内容)通りにするもよし、お好みでアレンジするもよし・・・。という意味も入っているから。」との意見を採用して「やすらぎのレシピ」にしました。)


と、ここまで説明が長かったですね。

つい、熱く(?)語ってしまいました(^_^;)


最後までお付き合い下さってありがとうございます<(_ _)>




*プロデュースイベントの詳細はこちらです。

  皆さまのお申し込みをお待ちしております♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-27 23:31 | プロデュースイベント

ラースと、その彼女

レンタルしたDVD「ラースと、その彼女」を観ました。

ストーリーを少し紹介すると

ある田舎町に住む優しくて極端なシャイな青年ラース。
兄夫婦をはじめ周囲の人は、そんなラースを心配していましたが、ある夜
「紹介したい人がいる。」と兄夫婦の元に。
喜ぶ二人の前にラースが連れてきたのは、ビアンカという名前の等身大のリアルドール。
兄夫婦は始めは戸惑ったものの、医師のアドバイスもあり周囲へも理解を求めて
ビアンカを生身の女性として受け入れることに。
ビアンカが周囲に溶け込んでいくにつれ、ラースの心に変化が訪れます。
そんな時ビアンカが病に・・・。


観終わって、全てのことに意味があり、始まりがあるものは必ず終わりがあることを
感じました。

そして終わらせるには「もう十分だ」と思うまでやることが必要なのだとも。

その為には周囲の理解がとても大きな助けになることも感じました。

その「もう十分だ」と思うところまで感じたり表現したりできないことが度重なると
心のどこかに結晶となって残ってしまうのかもしれません。

そして何かの拍子にその結晶が痛みや強い感情となって「ここにいるよ。」
と教えてくれるのかもしれません。

映画の中ではラースとビアンカへの周囲の対応が、とても自然で
温かく描かれています。

春の暖かい日差しが積もった雪をゆっくりと溶かしていくように、温かく全てを
受け入れることで、心の中の結晶がゆっくりと溶けていくのかもしれませんね(⌒-⌒)


この週末にいかがでしょう♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-26 23:49 | 日常

プロデュースイベントを再開いたします

しばらくお休みしておりましたやすらぎの部屋をお借りしてのプロデュースイベントを
来月より再開いたします。

お越しになる皆さんが、ご自身にとっての「心地よさ」を再確認し
次の一歩を踏み出すお手伝いができたら嬉しく思います。

秋の湘南で、身も心もすっきりしちゃいましょう♪

内 容:ご相談内容に応じて
     ・対話中心のリーディングを含むカウンセリング
     ・カモワンタロット・osho禅タロットを用いたカードリーディング
     ・ヒーリング
     ・サイキックプロテクション
     などをいたします。
     (ご希望があれば、その旨お聞かせ下さい。)

     *サイキックプロテクションについてはこちらをご一読ください。
  
     *過去世やスピリットからのメッセージを受け取った場合は
       必要に応じてお伝えいたします。
       (必ず受け取るとは限りませんので、ご了承下さい。)

日にち: 10月17日(土)

場 所: やすらぎの部屋
      藤沢市(小田急江ノ島線・鵠沼海岸駅より徒歩3分)→地図はこちら

時 間: お一人・60分

料 金: 7000円(当日現金でお願いいたします。)
     
予約枠: 10:00~11:00  ご予約済み

      11:10~12:10

      
*勝手ながら男性のお客様は、面識がある方若しくはご紹介のみと
  させていただきます。

申し込み:メールの件名に「セッション申し込み」とお書きの上

      ①お名前(ふりがな)

      ②生年月日

      ③お住まいの都県・市(例:神奈川県藤沢市)
        *場合によっては事前に遠隔リーディングをさせていただきます。

      ④ご希望の時間

      ⑤メールアドレス

      ⑥当日連絡可能な電話番号

      を明記して

      setsuna.tsumugi@@gmail.comまでお申し込みください。
              (@をひとつお取りください。)

締め切:10月16日(金)12時メール到着まで。


みなさんとお会いするのを楽しみにしています。
お申し込みをこころよりお待ちしています(⌒-⌒)

*10月以降のプロデュースイベントは、11月12日(木)・12月19日(土)
  を予定しております。
  詳細は後日お知らせいたします。
  こちらもお楽しみに♪



      
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-25 17:03 | プロデュースイベント

おみくじで・・・

久しぶりに会った友人と、昼食の後ちょっと足を伸ばして江ノ島神社へ行きました。

あまり時間がなかったので、辺津宮のみお参りすることに。

いつものように感謝申し上げていると、頭がくらくらしてきました。

う~ん。エネルギーあたりかも・・・。

くらくらしつつおみくじを引くと大吉!

「わ~い。大吉だぁ\(o⌒∇⌒o)/」

と喜んだのも束の間、よく読んでみると、とても大吉とは思えない文章の
オンパレード(^_^;)

自分への戒めの為に、ここで一部をご紹介。


神のみこえ

ゆるされて まなびの窓をいづる子よ

思はぬ道に ふみな迷ひそ

[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-24 23:41 | メッセージ

スカウト?

久しぶりに地球以外の人(?)とお話したので、それを少々。

日中お昼寝をしようと布団に入り、ゴロゴロすることしばし。

そろそろ眠れそう・・・という段になって、「キーン」や「ポー」の金属音(電子音?)が
聞えてきたと思ったら、意識が身体からするりと抜けて、どんどん上昇していきました。

「やっぱり身体がないと軽くていいわぁ~。」とノンキなことを想いながら、地球を眼下に
宇宙空間をプカプカ。

「そろそろ戻るとしますか。」と身体に戻り横になっていたら、遠くから点滅しながら
近づいてくる2つの光。

2つの光はそれぞれ不規則に点滅しています。

近づくにつれて「ポー、ポポポポー。」とモールス信号のような音が聞えてきます。

そのうち不規則だった点滅が2つ揃って規則的になり、目の前に着いたところで
点滅終了。

2つの光がこちらを向いて更に「ポー、ポポ、ポー。」と音を送ってきます。

何やら話しかけている模様、でも内容がよく分からない(^_^;)

「あのぉ、理解できる言語にしてもらえますか?」

「わたしたちは、いっしょにはたらくなかまをあつめています。
あなたは、そのひとりです。」

「はい?」

(その他イロイロな情報を聞きましたけれども、何とも・・・ねぇ。)

「かんがえておいてください。」

そう言うと2つの光はスゥッと遠ざかり、そして消えました。


夢か現か幻か・・・。

意識はしっかりしていた(と思っている)のですけれど...( = =)

起きている時でも夢を見ているようなものなので、全てが夢と言ってしまえば
それまでですね(^_^;)

その光は、少なからず地球ではないところから来たような感じがしました。

こちらの意志を確認するために再度来るようなので、その時詳しく
聞いてみようと思います。


シルバーウィーク最終日の不思議話でした(⌒-⌒)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-23 22:31 | エネルギー

祝♪

昨日は娘が出場するバトンの県大会を見に行ってきました。
(娘は学校でバトン部に所属しています。)

春先からこの日に向けて練習を重ねてきたわけですけれども、先週半ばにひとつ下の
学年で新型インフルエンザを発症した生徒さんが出て学年閉鎖になり、その学年の
部員全員が大会を欠席することになりました。

その時点で約30人での演技予定が11人に激減した為、急遽フォーメーションや
演技内容を大幅に変更。

更に同学年の部員1人もインフルエンザで欠席することになり、10人に。

おまけに学校での最終練習日には娘が微熱で練習前に強制帰宅(^_^;)
(大事には至らず翌日には元気になりました。)

そんな谷アリ谷アリ(?)の状態での出場でしたけれども、みんなで心を合わせて
出場できなかった部員の分まで存分に練習の成果を出し切った演技を披露できた
ように感じました。

そしてめでたく関東大会への出場が決定!

関東大会当日は修学旅行と重なっているので今回出場したメンバーは
全員欠席となり、ひとつ下の学年に託すことになります。

全員で演技できないのは残念ですけれども、今度はきっと後輩たちが
心をひとつにして素晴らしい演技を披露してくれることでしょう。


大会まで娘たち先輩の後輩への指導(?)は更に熱が入りそうです・・・。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-22 19:42 | 日常

問題ではない

あなたが

何を言ったのか、言わなかったのか

何をやったのか、やらなかったのか

それは全く問題ではありません


そしてあなたがその時

どんな想いを抱いたとしても

それは全く問題ではありません


何故なら

例えあなたが隠しておきたいと思うような想いの中にも

美しく光り輝く全き愛が

確実にそこにあるのだから


あなたは愛によって創られた

だからあなたの創るものは

愛以外にありえない

[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-21 21:50 | メッセージ

感謝♪

突然ですが一身上の都合により、9月16日をもちましてセレスの館・ランドマーク店での

お仕事を終了させていただくことになりました。


ご来店下さった皆様、オーナーのセレス玲奈先生、ご一緒させていただいた先生方

本当にありがとうございました<(_ _)>


セレスの館・ランドマーク店では、日替わりで出演されている先生方が様々な占術を

用いて皆様のご相談をお受けしています。


今月から毎月第一月曜日は、セレス玲奈先生もご出演されています。


これからもどうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ(⌒-⌒)



皆様とのご縁に感謝♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-09-19 20:05 | お知らせ