<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ご感想4

(Sさん・40代・女性)

大変失礼な言い方かもしれませが、いづみさんのセッションは
私の期待を大きく上回るものでした。
とても軽い気持ちで申し込んだのですが、とても大きなエールを
いただいたような気がします。

実は今年にはいって自分がエンパスだということがわかり、
これまでどうしてこんなにいつもいつも疲れていたのか
その理由がわかったことで、最近ではあまり人と関わりたくないと
思うようになっていました。
しかしいつまでも引きこもっているわけにもいかないので、
サイキックプロテクションを受けようとセッションに申込んだのですが、
しょっぱなから、「本当は必要ないと思います」と言われて驚きました。
エネルギーが大きいので、ちょっとくらいとられても
気にする必要もないと。
以前にもエネルギーの大きさについては言われたことがありますが、
長年虚弱体質だと思っていたし、いまだにあまり実感はありません。
しかし、逆に取られまいと防御態勢にはいることで、中心からずれてしまい
結果として余計なエネルギーを消費するとお聞きして、納得する部分が
たくさんありました。
今まで、失敗しないように、困った事にならないように、傷つかないように
常に準備を怠らず、準備だけで疲れきっていたようなところがありますので。

サイキックプロテクションが必要ないと言われたときは、
一瞬、セッションの目的を失ったような気がしましたが、
とりとめなくお話させていただいた事を丁寧に解きほぐしていただき、
自分のなかにあったなんとなくもやもやっとしていた事柄、
例えば自分の思考のクセ、夫との関係、過去生に関する事など、
最後にはすべてスッキリとしていました。

良いセッションを受けたあとは、とても心が軽やかになりますが
今回もほんとうに軽く、明るくなり、帰りの電車では
これから何をしようかとワクワクした気持ちでした。
いづみさんから、しあわせのレシピをいただいたように思います。
受け取っていただいたメッセージをしっかりと心に刻んで、
これからの人生を楽しんでいきたいと思います。
どうもありがとうございました。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-14 16:26 | セッションのご感想

ご感想3

(Yさん・40代・女性)

こんばんわ。
昨日はお世話になりました。

不思議なものであれだけ振り子の様に揺れていた気持ちが、今は自分の中心にストンと落ち着いています。
これもタイミングだったのか、無意識にセーブしていた自分の力が、もう外に出たいと我慢しきれなくなって
私をセッションへ導いたのかもしれません。
それを証明するかのように、何度も「Empowerment」のカードが現れます。
「パワーを発揮しても大丈夫!本気を出しても大丈夫!」とカードの精霊も応援してくれているみたいです。

現実の生活もしっかりと見据えつつ、なおかつ今は自分の直感に従って行動する時期なのかもしれません。自信がつくまで待っていたら一生出来ないままってこともありえますし。
薄々感じていた、見えない世界の仕事をする事に対する怖れも、自分の中で消化できたような気がします。
時代も確実に変わってきているのですね。

驚きなのが、プロテクションのおかげなのか、ものすごい安心感があることです。
外側の状況は変わっていないのに、「絶対に大丈夫!」という根拠のない自信をもてるようになりました。
縋るものを外側に求めなくても、自分の中に全てあるのですね。
改めて気づかされたセッションでした。

簡単ですが、セッションの感想を送らせて頂きます。
参考になれば幸いです。
ありがとうございました。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-14 16:23 | セッションのご感想

ご感想2

(Mさん・40代・女性)

とても有意義な時間をありがとうございました。
今までも何度も、前に出なさい、外に出なさい、表に出なさいと言われてきましたが(^^;)
今回はようやく腑に落ちました。まずそのことのお礼をお伝えしたいと
思います。

それから私はおそらく自分の男性性を自己犠牲の方面に使いがちな
パターンを持っているということ
(私は今までそれを自分の女性性の側面だと認識していました)
少しその点を自分で勘違いをしていて、なんだかうまくいかなかったのだろうと
いうことも気がつきました。

そしていただいた「お守り」が本当に嬉しいです。
高千穂で買う予定だったのです、お守りを。
でもどうしてもぴったりするものがなかったので、今回は買わずに帰ってまいりました。
(去年は島根の美保神社のお守りを見たときすぐに、これだと思ったのですが。。。)

いただいたお守りは本当に私を守ってくれるものという感じがします。
手に持っているとウキウキした気持ちになるのです。
不思議ですね。(^^)

というわけで本当にありがとうございました。
またお世話になると思いますけれども、そのときはどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-14 16:15 | セッションのご感想

ご感想1

(Sさん・40代・女性)

言葉足らずも余計な一言もノンノンでしたので、ご安心を。^^

心地よいと言っていただけたことが、私も同じように感じていたので
とても嬉しかったです。

自分でもなかなか見れない内側の光もキレイなことが判明して
ホッとしております。(爆)

スッキリ爽快な後味のセッション、最高でした♪

ありがとうございました☆(_ _*)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-14 16:00 | セッションのご感想

身体と食べ物

昨日のアドバンスクラスで食事の話になり、あるチャネラーさんが修行中に
「今日食べた物とその日の状態」を半年間ほど記録していたと伺いました。

半年も記録をつけていると
「何を食べるとどんな状態になるのか。」 または
「どんな状態の時に何を食べたくなるのか。」
 の、自分の傾向が見えてくるような気がします。

ちなみにここ1年半ほど砂糖禁止令の出ている私の場合だと、たまぁ~に
外食などで砂糖を使用している食事をいただくと、妙に後を引くというのか
次も砂糖が欲しくなります。

しばらくして身体の中から摂取した砂糖が抜けると、元の状態に戻るような感じです。

全くの個人的意見ですけれども、ある種の常習性を持っているような気がします。

(不思議なもので、唯一許可されているはちみつは、そう後も引かず抜けるのも
早いように感じます。)

また、肉類を食べた後は消化するのに膨大なエネルギーを消費しているようで
身体が熱くなったりして何故だか疲れますσ(^_^;)

以前は少量ながら食べていた鶏肉や豚肉も、そんな訳で最近はめったに
口にしなくなりました。

そういうお年頃(?)になったのかもしれません。

野菜は多めに食べても身体への負荷が少なく、消化と共に身体がすっきりする
感じがします。

野菜によってはそのままナマで食べるのが一番美味しくいただけます。

と考えてみると、普段はあまり意識していませんけれども、自分の今の状態に
ちょっと意識を向けると「心身共に心地よい状態でいられる食材・調理法」を
選べるような気がしてきました。


さて、今日は何にしようかな♪



*明日のプロデュースイベントのお申し込み受付は終了いたしました。
  次回は12月19日(土)を予定しております。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-11 16:36 | エネルギー

聴いて・・・待つ

先日の野口整体のワークショップでは、立った状態や座位、うつ伏せの状態での
観察&愉気の練習を行いました。

背中や腰、膝、足首などに触れると、たいてい左右で位置や張り、力の入り具合
などの違いがあります。

それに耳を傾けることで、その人の現在の状況や「本当はこうしたい。」などの
想いが感じられます。

その想いを聴きながら愉気をしていくのですけれども、ここでポイントになるのが
「待つ」こと。

外側から力技で方向性を整えるのではなく、その人自身本当はどうしたいのかを
深いところではちゃんと分かっていることを信頼して待つ。

つい「えいっ!」とばかりに力を加えたくなる時もありますけれども、そんな時こそ
信頼して待つことが肝要だそうです。

力を入れたくなるのは
「力を加えないと整わない(緩まない)。」「力を加えたほうがより早く整う(緩む)。」
との思いがさせること。

その時点で信頼が薄れているともいえるかもしれません。

愉気はあくまでもその人本来の身体の使い方ができるようになる為のサポートの
ように感じます。

さて、愉気をしていくとだんだんと身体が緩み
「本当はこうしたい。」「こうしてもいいんだ。」
との想いが前面に出てくるように感じます。

その変化を手の平や指先で感じていると、こちらも嬉しくなってつい
「そうそう。」「そうだね。そうだよ。」
なんて口走ってしまう時もありでして・・・(/∇≦\)

ひととおり終わった頃には身体のこわばりや歪みが改善されているから不思議です。

身体(外)は心(内)の表れのひとつなのかもしれませんね。

シンプルな手法ながら・・・というか、シンプルな手法だからこその奥深さに毎回
感嘆しています。

いつかセッションに取り入れられたらいいな・・・と
ひそかな野望(?)を抱いております(^_^;)



*11月12日のプロデュースイベントの詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-09 22:51 | エネルギー

セッションのお申し込みについて

11月12日のプロデュースイベントのお申し込みメールがこちらに届いていないことが
あるようです。

現時点でこちらに届いている方々には、全て返信をしております。

「申し込みメールを送ったのに返信がない。」という方がいらっしゃいましたら
再度お送りくださると助かります。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします<(_ _)>

メールアドレス:setsuna.tsumugi@@gmail.com
(@をひとつおとり下さい。)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-09 10:28 | プロデュースイベント

気の作用

先日のシルバーアーチではミニイベントのひとつ、「総合武術達人の会」の実技演武を
見学しました。

まず相手の気(エネルギー)を利用して倒す演武。

作用・反作用の法則だそうです。

この時相手の気が強ければ強いほど利用できるエネルギーも強くなるので
結果相手が受ける(戻ってくる)エネルギーも強くなります。

次に空間をずらす演武。

これは相手との間にできる空間をずらすことによって相手の技をかわす技法です。

時代劇などで斬りかかってきた人をするりとかわす、アレです。

拝見していて、技をかけようと意図した時点で、肉体よりもエネルギーのほうが
先に動くのが分かりました。

そのエネルギーを見て(感じて)技をかけたりかわしたりするように感じました。

「本当の真剣勝負は身体が動く前に勝負が決まる。」とのことでしたけれども
確かにそのようです。

「意図する=気(エネルギー)が動く=隙ができる」ので、その一瞬をつくのであれば
身体を動かすまでもないのかもしれません。

ではどのような状態だと勝負に勝てるのでしょう・・・?

闘志むき出しで鬼気迫る状態よりも、むしろ淡々と心を沈めて、気(エネルギー)の
ゆらぎがない状態のほうが強いようです。

普段の生活の中でも、出来事の渦中にどっぷり浸かってしまうよりも
ちょっと離れたところから冷静にみているほうが出来事の全体が
よく見えるのと同じなのかもしれません。

全くの素人考えですけれども、「ゆらぎのない状態」を自分の中心軸にすると
必要な時必要な事にエネルギーを注げるようにも感じました。


「中心軸を定める」ワーク。

機会があったら皆さんと一緒にやってみるもの楽しいかも♪



*11月12日(木)プロデュースイベントの詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-07 22:58 | エネルギー

ありがとうございました♪

昨日のシルバーアーチはお天気にも恵まれ、たくさんの方が

会場にいらしてくださいました。


お越し下さった皆様、主催者のコオさん・美保さん、ボランティアスタッフの皆さん

出展者の皆さん、ありがとうございました。




感謝をこめて゜☆,。・:*:・゜★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゜★,。・:*:・☆゜
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2009-11-04 22:47 | お知らせ