<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今あなたに必要なメッセージ・2

今のあなたの人生に大切なのは「念力」です。

目標に向け、「よし、やるぞ!」という強い念を持ちましょう。

努力を惜しまなければ、いい流れに乗れるでしょう。

~この言葉に今のあなたが映し出されています~



講座二日目。

期間中は一講座につき一回、おみくじを引くことが出来るので
「ブログをお読み下っている皆さんへメッセージを」との想いも込めて
引いてみました。


明日もお楽しみに♪



*4月10日(土)のプロデュースイベントは現在お申し込み受付中です。
  詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-31 23:27 | メッセージ

今あなたに必要なメッセージ

あなたのこれまでの頑張りを見てくれている存在があります。

ですから、「どうして報われないのか」と嘆く必要もないのです。

安心して、その道を貫きましょう。

~この言葉に今のあなたが映し出されています~



今日から東京国際フォーラムにて
江原啓之・スピリチュアル講座が始まりました。(4月3日まで)

そこで引いた携帯文庫会員向けおみくじの文章です。

これを読んで、ちょっと停滞気味だった気持ちが上向きました。

我ながら単純・・・(^_^;)



*4月10日(土)のプロデュースイベントは現在お申し込み受付中です。
  詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-30 23:32 | メッセージ

ご感想17

(Mさん・30代・女性)

本日は、素晴らしいセッションのお時間をいただき、
どうもありがとうございました!!
(皮膚治療の為にマスク姿のままで、大変失礼致しました・・・)

頂いたメッセージの数々を思い出すと
帰りの電車でも涙ぐんでしまうほど、
感動と感謝の気持ちで一杯になりました。

初めてのタロットに、とてもドキドキしましたが、
最後に天使が出て驚きました!
最近は特に、何度も天使に話しかけたり、尋ねたりしていたのです。

こんなに明るいセッションをしてくださり、
今の私が理解し、受け取れるようにお話してくださったこと、
温かくて、お優しい いづみさんに出会えたことを
心から嬉しく思います。

今日いただいた沢山のギフトを胸に、
明日からも、「今」を大切に歩んで行きたいと思います。

本当にありがとうございました!!!
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-27 19:41 | セッションのご感想

ライフリーディング・4月のお知らせです


やすらぎの部屋をお借りしてのプロデュースイベント・ライフリーディングのお知らせです。

(セッション内容をより明確にする為、今回から名称を変更しております。)


(内容) ライフリーディング

     本当の自分はどうしたら幸せになれるのか?を知っています。
     ライフリーディングではそれを思い出すのを妨げている問題の
     根源を明らかにし、人生を創造する力を取り戻すお手伝いを
     いたします。  
     
      *必要に応じてヒーリングやプロテクションなどのエネルギーワークを行います。
   
      *ご希望の方には

       ・事前リーディングによるメッセージカード
       ・あなただけのお守り

       を差し上げます。(お申し込み時にご希望の有無をお知らせ下さい。)


日にち: 4月10日(土)

場 所: やすらぎの部屋
      藤沢市(小田急江ノ島線・鵠沼海岸駅より徒歩3分)→地図はこちら

     
時 間: 60分前後

料 金: 16,000円 (当日現金でお願いいたします。)

予約枠: ①10:00~11:00   ご予約済み

      ②11:30~12:30  
 
      ③13:30~14:30  

      ④15:00~16:00         
      
*勝手ながら男性のお客様は、面識がある方若しくはご紹介のみと
  させていただきます。

キャンセルポリシー:お申し込み~前日:なし
                     当日:セッション料金の50%。
                          その場合、ご希望の方には後日
                          メッセージカードとお守りを郵送いたします。

    *ご連絡なくキャンセルされた場合は、セッション料金の100%を申し受けます。
             
申し込み:メールの件名に「4月プロデュースイベント・申し込み」とお書きの上

      ①お名前(ふりがな)

      ②生年月日

      ③お住まいの都県・市(例:神奈川県藤沢市)
        *事前に遠隔リーディングをさせていただきます。

      ④ご希望の時間(第二希望まで)

      ⑤メールアドレス

      ⑥当日連絡可能な電話番号

      ⑦備考(メッセージカード、お守り希望の有無など)

      を明記して

      setsuna.tsumugi@@gmail.comまでお申し込みください。
              (@をひとつお取りください。)

締め切:2010年4月9日(金)12時メール到着まで。


みなさんとお会いするのを楽しみにしています。
お申し込みをこころよりお待ちしています(⌒-⌒)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-26 21:48 | プロデュースイベント

そんなこと

昨晩の話です。
珍しくカリカがテレビ番組に出演するということで
いつもは録画して翌日観ている「アメトーク」をリアルタイムで観ることに。

今回のテーマは「第9回持ち込み企画プレゼンSP」。

芸人さんが番組で取り上げて欲しい企画(テーマ)を持ち込み
MCの雨上がり決死隊にプレゼンするというものです。

おっと、持込企画の詳細ではなく(^_^;)

プレゼンターとして出演していた陣内智則さんのお話を少々。
(幾分表現が違っているかもしれません。)

離婚報道によって(かなりのバッシングを受けて)どん底まで落ち込んだ陣内さん。
「これからどうしよう・・・。」と、相談メールを紳介さんに送ったところ
温かい激励の返信があり、それはそれは感激したそうです。

「さんまさんの意見も伺ってみよう。」と、今度はさんまさんへ相談のメールを。

返ってきたのは

さんまさんの「ぱぁ~」画像付きで


「そんなことより 俺オモロイ?」


言葉にしてしまうとなんだか陳腐になってしまいますけれども
「そんなこと」と言ってのける思いやりの深さに感動しました(T-T)

これは芸人同士だからこそ通じる
さんまさんだからこその優しさかもしれないなぁ・・・と感じました。
(ご自身も過去に同様の経験がお有りですし。)


なんだか禅のマスターのようだわ・・・と思ったのでした。

って、禅のマスターがそんな感じなのかは、分かりませんけれども・・・ね(^_^;)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-26 21:20 | お笑い

大天使ミカエルとバット

今朝二度寝した(この頃眠くてたまりません・・・)時に見た夢です。

あるシグナルの直後に見る夢はメッセージ性が強い場合が多く
今回もそのシグナルがやってきたので
「何か伝えたいことがあるのかしら・・・?」
と、思いながら寝ておりました。

さて。

私は映画館のスクリーン程の大きさのガラス窓の前に立っています。

窓の向こうには、広場(公園?)が見えます。

向かって左側では小さな子供達数人が三角ベースをして遊んでいます。

右側はモミの木が数本、その下にはベンチが置かれています。

しばらく眺めていると、上空のちょうど真ん中あたりに小さく
銀色のローブを着た天使が見えました。

天使はだんだんとこちらに近づいてきます。

銀色の長い巻き髪、手には銀色の角笛らしきものを持ち
今にも吹こうとしているようです。

大天使ミカエルです。

「それを吹いたら世界が終わってしまう!ミカエル、角笛を吹かないで!!」

その想いが通じたのか、ミカエルはそのまま私の方へすぅ~っとやってきたした。

その瞬間、内と外を隔てていたガラス窓はなくなり、私も広場に立っていました。

目の前にいるミカエルは身長2・3mはあろうかと思うくらい大きく、銀色の瞳でした。

ミカエルは両手で持っていた角笛を私へ差し出しました。

「私に?」

恐る恐る受け取ると、それは角笛ではなく、白木で出来たバットに変わっていました。

握るところには、白い帯状のレースがテープのようにしっかりと巻かれています。

「これは私がもらうよりも、三角ベースをしている子供達のほうが
喜ぶのではないかしら・・・?」

またも想いが通じたのか、ミカエルはバットをこちらに渡すように促し
バットを受け取ると子供達の方へすぅ~っと飛んで行きました。

次の瞬間、私はガラス窓から外を眺めていました。

最初と違うのは、子供達やモミの木が光に包まれていることです。

それぞれの光にはかすかに違う色がついていて、個々を判別できます。

皆、とってもきれいです。

そのうち乳白色一色になり、最後には子供達の姿もモミの木も光に包まれて
見えなくなりました。

そしてまた、ガラス窓はなくなり、広場に立っている私も乳白色の光に包まれて
何も見えなくなりました。


ここで目が覚めました。

何故バットが出てきたのかは分かりませんけれども、ミカエルら天使達は
私達の姿に、いつもこのような光を見ているのかもしれませんね。

それにしてもミカエル、大きかったです(^_^;)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-25 20:33 |

いけそうな気がする

ここしばらく、ブログにアップしたと思っていたら跡形もなく消えていた・・・
が度重なり、少々凹んでおります(^_^;)

お笑いライブに行った時のこととか
かなり熱を入れて書いたのもあったのですけれども・・・。

(機会がありましたら改めて書こうと思います。)

もしかしたら「送信」を押したつもりが「プレビュー」だったのかしら・・・(A゜∇゜)ハテッ?


気をとり直しまして。

現在プロデュースイベント企画案を作成中。

書くことで「自分が本当にやりたいことは何か」や
「何を恐れているのか」がはっきりと見えてくるように感じています。

「う~ん。こんな感じで・・・。」と、ちょっぴり及び腰で書いた部分には
当然の如くダメ出しが・・・(^_^;)

推敲を重ねるごとに、想いを再確認しているところですけれども
実は思いも寄らなかったところに向かっていたような気もしています。

例えば

   「富士山に登っているつもりだったのが、実はエベレストだった!?」

みたいな。


   「きっと途中で遭難するにちがいない!引き返すなら今だ!!」


と、必死にあきらめさせようとする自我(エゴ)と


   「なんだかいけそうな気がするぅ~。」
                 (by天津・木村←ちょっと古かったでしょうか・・・)


と、かなりお気楽(!?)な聖霊(ガイド)。


お笑い好きとしては、聖霊(ガイド)を選択しようと想います♪(* ̄ー ̄)v



*3月26日(金)・プロデュースイベントのお申し込み受付は明日12時まで。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-24 22:19 | エネルギー

卒業証書

今日は娘の中学の卒業式でした。

とはいっても中高一貫校のせいか、1・2年生の終業式と一緒に行われる為
保護者は不参加。

帰宅した娘に
「卒業式どうだった?」
と聞くと
「卒業と言われても、全くピンとこない。
それよりも大好きなS先生が辞めてしまうことが残念で、みんなで大泣きした。」
とのこと。

学校の卒業生でもあり、定年後も請われて教鞭をとっていらっしゃったS先生。

「皆さんは今卒業証書をもらいましたけれども、自分が仕事を辞めるにあたっては
卒業証書がないので、自分で自分に卒業証書を書いて、ねぎらおうと思います。」

と、ご挨拶をされたそうです。

それを聞いた娘達は

「それなら私達でS先生に卒業証書をお渡ししよう!」

ということになり、クラスに戻ってから皆で文面を考え、裏にはクラス全員の
署名を入れた手作りの卒業証書を作成し、お渡ししたそうです。

急なことだったので用意があるわけもなく
普段使っているルーズリーフを使用したとか。

1枚のルーズリーフに込められた皆の想いは
しっかりとS先生に届いたことと思います。

S先生、今までありがとうございました。
お疲れ様でした。


卒業おめでとう♪



*3月26日(金)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-19 21:58 | 日常

私とラジオ

しばらくぶりです。

先日行ったトークライブ「家城啓之演説会『私とラジオ』」から少々。
(多少表現が違っているところがあるかもしれません。)

オープニング、舞台のセットに腰掛けて微動だにしない家城さん。

しばし沈黙ののち
「・・・。最大限カッコつけてみました。」
からスタート。

4年半前からTOKYO FMの10代向け生番組「SCHOOL OF LOCK!」に
「やしろ教頭」として出演中。

それで今回のテーマとなったようです。

お話に出てきた

・前の週に大阪で行われたイベントに欠席してしまった経緯
・ラジオ番組中、失言を聴いたお母さんから届いた「お叱り&励ましメール」
・ラジオに出演することになったきっかけ
・番組内でのエピソードあれこれ

などの中で、特に印象に残っているのを2つばかりご紹介。

☆愛は恐ろしい~愛に殴られたら・・・

  これまでの経験から自分なりのこだわりや信念を持っていて
  怒りや憎しみを向けられたのなら「何くそっ」とふんばれるけれども
  自分に向けられた真っ直ぐな愛の前では(愛に殴られたら)
  それを守る為にふんばれない。
  むしろふんばる意味が分からない。
  だから愛は恐ろしい。

  *この話を聴いて、ジェラルド・G・ジャンポルスキーさんの著書の題名
   「愛は恐れをサバ折りにする」を思い出しました。

☆人になりました~芸人としての葛藤

  芸人とは「メンタルの強い者同士が、どれだけ相手をからかえるか
  どれだけからかいに耐えられるか」だと思っていたので
  (自分の中の「悪魔」と表現)
  それができない10代相手のラジオの仕事を続けることは
  芸人としての寿命を縮めることになってしまうのではないか
  (自分の中の「悪魔」がいなくなってしまうのではないか)と
  危惧していた時期もあった。

  もともと10代に興味・関心もなかったが、番組を通じて触れ合ううちに
  「番組はリスナーのものである。」と感じるようになった。

  それまではイベントや街中などで「教頭!」と呼ばれると
  「いや。カリカの家城だし。」と思っていたが、こだわりがなくなった。

  自分の中の「悪魔」がいなくなったわけでもなく
  結果「人になりました。」


始まって早々地震があり、客席がざわついたものの
全く意に介する様子もなく、話を進める家城さん。
(ご自分のエネルギーを固くしたように感じました。)

そのあたりはさすがです。

最後は「これからの芸風について」。

お笑いには「キレ芸」「リアクション芸」などジャンルがあるようですけれども
家城さんとしては「感情」でいきたいそうで。

策としては、この話を聞いた
  Aさんがネットに「家城の芸風はどうやら『感情』のようだ。」と書き込む。
  それを見たBさんが「私もそう思う。」と賛同。
  そしてCさんが「私はそう思わない。」と反論。
  一連の流れを見ていたDさんが「よく考えてみたら私も「感情」だと思った。」と
  書き込む。
  ・・・・。
を繰り返していくことで
「家城=感情」が定着し、結果笑いのハードルが下がるとか(^_^;)

口コミの力は大きいようです・・・。


来月のテーマは「私と犬」。
こちらも楽しみです♪

6月にはカリカ単独ライブ「魔王コント〜あなたは魔王を殺せますか〜」もあります。
こちらは「小さくなった悪魔を元のサイズに戻して行う唯一の仕事」だそうです。
マニフェストは「面白くなかったら芸人やめます(やしろのみ)」とか。

もちろん行きますよ♪


ps:今日3月17日は、カリカのデビュー記念日だそうです。(97年デビューです。)
   おめでとうございます♪(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-17 23:43 | お笑い

お婿にいくのね

先日婚約を発表した

ハイキングウォーキング・鈴木Q太郎さん。


8月8日の結婚式・入籍と共にお相手の姓になるそうで。


それに併せて芸名も、新しい姓の

猪熊Q太郎になるとか。


なかなかインパクトのあるお名前のような気もいたします。


末永くお幸せに&ますますのご活躍を♪
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-03-09 23:33 | お笑い