<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ブログのお引越しをいたします

初めは恐る恐る始めたこのブログも1年半ほど経ちました。

いつも拙い文章をお読み下さっている皆様、本当にありがとうございます<(_ _)>

この度ブログのお引越しをすることにいたしました。

新しいブログは

http://ameblo.jp/return-journey/

です。(アメーバーブログです。)

題名は今までと同じ「Return Journey」。

(これまでの記事は一部の画像・コメントを除き、新しいブログでもお読みいただけます。)

シンプル(そこが好きだったのです♪)なエキサイトブログと比べて、広告が多くなった分賑やかな感じが致します。

今回のお引越しについては、ちょっぴり(かなりの?)チャレンジでもありました。

パソコンスキルの問題もさることながら、「目立たず・地味に・シンプルに」の思いが強くありまして(^_^;)

それを払拭する良い機会なのかもしれません。


新しいブログでも引き続きお付き合い下さると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>


・ブックマーク・リンクをして下さっている皆様、お手数をおかけいたしますが
 変更をお願いいたします。

・現在相互リンクさせていただいているブログは、新しいブログでも
 リンクさせていただきました。
 「これを機にリンクを外したい。」というご希望がありましたら、新しいブログの
 メッセージにてご連絡下さると助かります。

・新たに相互リンクをご希望される場合は、新しいブログのメッセージにて
 ご連絡下さいませ。
 (アメーバーブログをご使用の方は読者登録にて。)

・こちらのブログはコメント欄を失くした状態で、記念(?)に残しておこうと思います。


ありがとうございました♪


  
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-26 21:25 | お知らせ

AGE AGE LIVE 再リニューアル

6月からAGE AGE LIVE再リニューアルされるようです。

現行のシステムになって、まだ半年くらいのような気もいたしますが・・・。

AGEAGE芸人さんが40組から80組に倍増するので、出演のチャンスが増えるのは喜ばしいことですけれども、バトル期間の短縮や下位グループの無条件入れ替えなど、条件が厳しくなったようにも感じます。

投票ポイント(会場のお客さん+ネット配信のリアルタイム視聴者)で順位が決まり、また(現行では)投票ポイントはネット配信視聴者の1ポイントに対して会場のお客さんは×5倍になるので、ネタの面白さはモチロンのこと、いかにして「固定ファンを増やす」かが重要かと。

そのAGEAGEの下にはMAEAGE、更にその下にはAGEチャレ、AGEプロがあって完全なピラミッド構造になっています。

芸人さんにとっては厳しく、会社にとってはとてもよく出来たシステムのように感じます。


その上には「ルミネや品川プリンスなどのもっと大きい劇場へコンスタントに出演」があって。

更にその一番上には「テレビなどのマスコミ露出が増える=売れる」があるのかと。


全ての段階を踏まないと一番上まで到達できないわけではありませんけれども、逆に段階を踏んでいても到達できないこともあるわけで。

むしろ到達できるほうが稀なのかもしれません。


今年はNSC(よしもとのお笑い養成所)に800人ほどが入学したそうです。

例年1年後の卒業時に契約まで至るのはその中の十数組とか。


お笑いブームは今しばらく続きそうな気がいたします。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-20 16:57 | お笑い

痛いものは痛い(>_<。)

一般的に夢の中では痛みを感じないと考えられているようです。

夢かどうかを確認する為に

ほっぺをつねる(痛くなかったら夢の中にいる。)

というシーンをどこかで見聞きした方も多いかと。


けれども・・・。


今朝、両手首をツチノコ(実物は見たことありませんけれども

何故かツチノコだと確信!?)

に噛まれる夢を見ました。

傷口はざっくり開いて、まるで口ができたよう(怖い・・・。)


で。


血こそ流れませんでしたけれども(この辺は夢らしいです)

とっても痛い!!!

手首に心臓が出来たかと思うくらい、ドクドク・ズキズキと脈を打って痛い!!!!!

痛い!!!!!!!!!!


あまりの痛さで目が覚めました。

仰向けで両手は身体に沿って伸び、布団を胸までかけた状態でした。

もちろん両手首は何事もなく(^_^;)


一体何だったのかしら・・・?
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-17 23:29 |

出逢いだけでいい

ここでは全てが対になっているので

「出逢い」があれば「別れ」もあるかのように見える。


「良い出逢い」もあれば

「悪い出逢い」もあるかのように見える。


別れもまた同じ。


けれども

見かけはどうであれ

出逢えたことを十全に感謝する

それだけでいい。


あるのは出逢いだけ

それだけでいい。



先日夫の友人が肉体を離れられたとのご連絡をいただきました。

夫にとっては社会人になってから一番心を開ける友人だったように感じます。

ある病と共に十余年を過ごし、40代後半での旅立ちでした。


その方が病の罹られる前に、数回お会いしたことがあります。

奥様と2人のお子様想いの、優しく、そして茶目っ気たっぷりな

方のように感じました。


お逢いできたことに感謝しております。

ありがとうございます。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-16 22:36 | メッセージ

セッションのご感想

セッションをお受け下さった方のご感想を紹介させていただきます。
ご感想をお寄せ下さった皆様、ありがとうございます♪


ご感想1 (2009.11.14up)         ご感想11 (2010. 1.24up)

ご感想2 (2009.11.14up)         ご感想12 (2010. 1.30up)

ご感想3 (2009.11.14up)         ご感想13 (2010. 2.11up)

ご感想4 (2009.11.14up)         ご感想14 (2010. 2.28up)

ご感想5 (2009.12.20up)         ご感想15 (2010. 2.28up)

ご感想6 (2009.12.20up)         ご感想16 (2010. 3. 2up)

ご感想7 (2009.12.22up)         ご感想17 (2010. 3.27up)

ご感想8 (2009.12.25up)         ご感想18 (2010. 4.17up)

ご感想9 (2010. 1.13up)         ご感想19 (2010. 5.14up)

ご感想10 (2010.1.23up)
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-14 20:53 | セッションのご感想

ご感想19

ゆかりさん

*通常はイニシャルで紹介させていただいておりますけれども
  ご了承により、お名前を掲載させていただきました。


いづみさんとは、何度かお会いしているので
緊張はしておりませんでしたが、
やはり、ライフ・リーディングをされる時の
いづみさんは、また違う方のように思えました。

はじめに、私からのお話をさせて頂くのと同時に
今までお話ししたことのない、事柄について
ガイドからメッセージを受け取って頂いて下さったおかげで
躊躇することなく、スムーズにお話しさせて頂くことが出来ました。
私が今気にかけていること、考えていることが
ガイドの方にとっても、気にかけていることなんだと
改めて実感することが出来、嬉しく思えました。
(やられた!とも思いましたが:笑)

相談させて頂いたことも、背中をそっと押して下さって
現在も前に進めることが出来ることでした。

物事をひとつの方向だけで見るのではなく
多角的に見ていく
そして、大事なこととして
最後に方向や方法は、私が選ぶことが出来るという
安心感を共有させて下さって、本当にありがとうございます。

私という存在に対面して下さっている
いづみさんは、とても真摯で
さらに、いづみさんは存在しながらも
何か別の存在でもあるようで、
例えば、凛とした百合の姿がだぶるようでした。

私はライフ・リーディングを受けてから
日にちが経っての感想です。

(注:2010年2月にセッションをさせていただきました。)

日にちが経ったことで、
いづみさんにお話しさせて頂いたことが
解決に向けての1歩がみられました。
私にとってそれは「奇跡」です。

いづみさんにお話しさせて頂いて
さらに、一緒に共有させて頂いたことで
ひとつひとつ重なってくる実感があります。

本当にありがとうございました。

また、よろしくお願い致します。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-14 20:48 | セッションのご感想

メッセージの意味が良く分からないときは

受け取ったメッセージの意味が
良く分からないときは

無理に
「分かろう」としなくても良いのです

そのまま「受け入れる」
それだけで良いのです

「分かろう」とするのは
あなたの「思考」だけ

あなたは既に解っているのですから

そのまま「受け入れる」
それだけで良いのです



例えば。

文章ではなく、単語や映像でメッセージを受け取る方も多いかと思います。

その場合

「これってどういう意味かしら?」→意味が知りたい。

「○○は△△という意味で合っているのかしら?」→間違っていたらどうしよう。

と、思われることがあるかもしれません。


あくまでも現時点での私見ですけれども

「思考」で理解しようとすると、その人の世界観(信念、価値観など)によっては

制限がかかってしまう場合もあるように感じます。


むしろそのままを「受け入れる」ことによって、十全に受け取れるように感じます。




*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-13 20:34 | メッセージ

躊躇い

信頼しているのならば
行動することに躊躇いはない

躊躇うのであれば
それは自信の有る無しではなくて

あなたの信頼が揺らいでいる

ただそれだけのことである



とっても耳が痛いです(>_<)

しばらくお笑いの話題が続いていたので、そろそろ本筋(?)に戻ろうとしたら
コレですか・・・。

なかなかどうして、手厳しいです(^_^;)

このくらいでないと、私には響かないと思われているのでしょうか・・・?

ぐうの音も出ないとは、まさにこのことかも。



*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-11 20:14 | メッセージ

COWCOW LIVE 2010

「COWCOW LIVE 2010」@北沢タウンホール

5月4日に行きました。

会場のある下北沢に来たのは十数年ぶり。
「あの頃は駅前劇場やスズナリでよくお芝居観たなぁ・・・。」と、
当時を懐かしく思い出したりして(^_^;)

今回はお馴染みの笑友ならぬ笑娘(?)と、普段は率先して留守番を買って出る夫と
遊びにきていた父も加えて、総勢4人で観にいくことになりました。

父は齢70オーバーにして初のお笑いライブ。
普段テレビでもお笑い系はほとんど観ていないらしく、cowcowさんのことも
「・・・知らない。」←スミマセン<(_ _)>

「百聞は一見にしかず。」とばかりに、事前情報をほとんど与えず(!?)会場へ。


さて。

ロビーには、「爆笑レッドカーペット」や「ぐるナイ」、関根真理さんからのお花が。
グッズ販売コーナーにはライブ限定Tシャツの他、クリアファイル、缶バッチセット
シール、飲料なども。

ライブのDVD化が決定しているそうで、早々に予約受付も行われていました。
会場先行予約では、抽選でcowcowが自宅に来てネタを披露してくれるチャンスが。
同じく会場先行予約特典として、ライブで使用した小道具がもれなく1つ
プレゼントされるそうです。

会場内は小さなお子さんの姿も多々。(珍しく子供料金設定あり)
とてもアットホームな雰囲気でした。

前説はマキシマムパーパーサム。
頭ネタ&ピチTでしっかり笑いを取ってバトンタッチ。

コントネタは

「こんな人知りませぇ~ん?」
「ラップ」
「鼻メガネ」
「ボウリング」
「顕微鏡」
「DJボブ」

などなど。(勝手に命名)

子供でも共感できる見た目の面白さ&話術の巧みなこと!!
お客さんの反応もすこぶる良く、ひとつボケる度にみな大爆笑ヾ(^▽^*!!

隣に座った父も、モチロン大笑い。

後で感想を聞いてみると

「DJのはテレビで観たことがある。それにしても片方(多田さん)はガリガリやのう(驚)」
                             ↑重ね重ね本当にスミマセン<(_ _)>
と、申しておりました。

お待ちかねの「帰れぇ~」も出て、大満足でした(●⌒∇⌒●)

オチを知っていても、何度聞いても面白いと感じさせるのが「芸」なのでしょうね。
さすが劇場番長!!

ネタの合間に流れるVTRではcowcowさんの歴史が感じられ
こちらも興味深く拝見しました。


終演後。

出待ちをしたくて思いっきり後ろ髪を引かれている娘、既に眠くなっている夫
(早寝早起き)、初ライブ後でちょっとウキウキな父を従えて、懐かしのシモキタを
後にしたのでありました。


*最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。
 これでお笑いライブに関して今月はひとまず終了です。


*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
 
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-10 15:00 | お笑い

撲滅

「ラ・ゴリスターズvs東京シュール5vsキュートン~キュートン撲滅!」@浅草公会堂

5月2日に行きました。

「参入」から「撲滅」まで少し時間が空いたので、浅草寺と浅草神社へお参りに。
浅草寺は大勢の人でしたけれども、隣接している浅草神社は人もまばら。
お寺よりも神社のほうが何故か落ち着く身としては、ゆっくり出来て良かったです。


さて。今回は1階席でした。

かたつむり林さんのナレーション(「参入」の時も)に乗って3ユニットが順に舞台に登場。
しずる・池田さん、ノブシコブシ・吉村さんがいないと思いきや、3階席から「きゃぁ~!(喜)」の歓声。
2人が現われた模様。
2階席も回って舞台へ。

「参入」同様、各ユニット企画の合間にネタ披露でした。


①ラゴリ企画「お客様は王様ゲーム」

 各ユニットの代表がお題の書かれたボードから1つを選択、お題発表&各自の
 番号をくじ引き。
 MCがくじ引きで王様(お客さん)決め。
 王様がお題を何番にやらせるのかを指名、実行。

 お題は「王様を不良から助ける」、「王様に告白」、「王様にキス」など。
 王様を迎えに行くのは「マスコット」のピース・又吉さん。

 「王様にキス」では11才の女の子が王様に。(本人に確認の上ゲーム続行。)
 「誰にキスされるのはイヤですか?」の質問に
 「失礼だけどしんじさんはイヤ。」と答えるも、あろうことか当たったのはしんじさん。
 女の子は客席へ速攻ダッシュε=(;-_-)/
 無事お母さんの元へ。


②シュール5企画「即興芝居」
 
 ラゴリ、キュートンからメンバーを1人選出。
 夫々シュール5メンバーと共に即興芝居、どちらが上手か。

 設定は「高校の文化祭打ち上げでカラオケboxにて」

 シュール5メンバーの巧みな誘導により女の子の家に皆で泊まることになり
 ピース・綾部さん、くまださんは親に電話して外泊許可をとる羽目に。

 綾部さんは実家のお母さんに電話し、会話が噛み合わないがらも「分かった。」
 と言わせ終了。
 くまださんは既婚者なので「親じゃなくてお姉さんとちっちゃい妹(奥さんと娘)
 かな・・・。」と冷や汗。
 電話に出た2才半の娘さんに「パパぁ~。」と言われ目尻を下げるも、
 なんとか一方的に外泊することを伝え、電話を代わった奥さんに
 「そういうことだから。あとは娘に聞いて(大汗)。」で終了。

 主旨通りにやったのは綾部さんということでラゴリの勝利。

 女子高生役だったかたつむり林さん、とっても可愛かったです!
 脚は細いし、仕草もまるで女の子!!

 ライス・関町さん、しずる・池田さんの熱唱(?)も♪


③キュートン企画「チューチューゲーム」
 
 ルーレットを回して止まった人とキス。
 ルーレットには鬼奴さん以外のキュートンメンバー&美女(普段は劇団の女優さん)。
 ボタンは何故か豆大福。

 美女とのキスgetを目指し、張り切ってボタンを押すも・・・。

 Qちゃん、かたつむり林さん、ピース・又吉さんのお相手は、いずれもしんじさん。
 毎回しっかりとキス (*  ̄)( ̄ *) チュッ♪
 しずる・池田さんに至っては「巻き込みリーチ」発生。
 見事しずる・村上さんが大当たり(!?)
 嫌がる村上さん、何故か乗り気(?)の池田さんでした。
 
 仕事で慣れている(?)とはいえ、男同士のキスって・・・ねぇ。
 しんじさんが一番かわいそう・・・なのでしょうか。
 

「こんなの酷い!!」「美女とのキスはどうした!!!」と皆に詰め寄られるキュートン。 

それを蹴散らすかのかのようにポージング開始。
そして爆音と共に消えたキュートン・・・。

ラストは舞台上に6つの墓標。
それぞれにキュートンメンバーの名前が。

泣きながらお花を供えるラゴリ、シュール5メンバー。

今後の告知をするも、嗚咽でままならない犬の心・押見さん。
「こんな時だからこそだぞっ!」と激を飛ばすカリカ・家城さん。

やはり演技上手です。


ネタ披露はハイキングウォーキング、カリカ、椿鬼奴、POISON GIRL BAND
増谷キートン、平成ノブシコブシでした。

キートンさんの「ムード歌謡ショウ」最高に面白かったです!
デュエットのお相手の回転っぷりといったら・・・(^_^;)
初めてネタを見ましたけれども、是非他のも見てみたいと思いました。

ライスとしんじさんのネタ披露がなかったのが残念でした。


終演後は同じくチケット手売り、握手会など。

娘は手売りをしていた吉村さん、徳井さん(共に平成ノブシコブシ)、Qちゃんから
サインをもらって大喜びヽ(*⌒∇⌒*)ノ

「徳井さんに話しかけるのは、とっても勇気がいった。
緊張で手が震えてサインペンのキャップがなかなか開けられなくて焦ったヾ(;◎_◎)ノ 」ようで。

(その時ハハはのんびりトイレに並んでおりました。)


お笑い三昧の1日でした♪(* ̄ー ̄)v


*最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。
 あとは「cowcow Live 2010」を残すのみ(^_^;)


*5月16日(日)・プロデュースイベントはお申し込み受付中です。
 詳細・お申し込みはこちらです。
[PR]
by setsuna-tsumugi | 2010-05-09 13:20 | お笑い